エアコンそうじを自分でやってはいけない理由

写真拡大 (全6枚)

プロに任せると1万円ほどかかるエアコンそうじ。できることなら、自分でそうじして節約したいと思ってしまいます。ですが、こればっかりは絶対プロに頼むのが正解でした。


エアコンスプレーは意味ナシ!
プロにお任せが正解です。


夏も冬も、年がら年中フル稼働のエアコンは、思った以上にホコリやカビなどの汚れがたまっています。これを放ったまま使っていると「なんかヘンな匂い」がしてきてとても不快。でも、プロにそうじを頼もうとすると約1万円ほどかかってしまい、けっこう痛い出費になってしまいます。

そこで思いつくのがエアコンの洗浄スプレーです。カビやホコリ、雑菌まで取り除く効果があり、自分で気軽にエアコンそうじができるというもの。ですが、実際に浄水スプレーを使ってそうじしてみたところ、ザンネンなことに、意味なしという結果に……。エアコン掃除はプロに任せるのが正解でした。


【理由 曠バーを外すのは
素人には手ごわい作業です


エアコンそうじをするためには、まずエアコンのカバーを完全に外して、ホコリをていねいに除去する必要があります。ですが、このカバー外しがけっこうムズかしい! 外すというより、分解するという感じで素人がやるにはかなり厄介です。



カバーを外した状態がこちら。フィルターを外すのとはワケが違い、いきなり最初のステップで挫折しそうになります。


【理由◆曠好廛譟爾楼気弱すぎて
ホコリやカビが取りきれません


なんとかカバーを外せたら、さっそくエアコン内部のそうじとなるワケですが、この小さなスプレーでは、圧が弱くて汚れが取れず……。送風ファンのカビはプロにしか落とせません。



この水圧じゃ、ホコリを濡らして固めているだけです。


【理由】洗浄しきれなかった
汚れは、さらなるカビの原因に!


洗浄しきれない汚れは、さらなるカビの原因になってしまいます。その点プロの場合は、しっかり養生した上で、高圧洗浄機で一気にホコリやカビを取り除くので、その心配がありません。



大量の水で一気に洗い流していきます。



墨汁みたいな汚水がドバドバ出てきました。これがエアコンの中にあったとは! 確かにスプレーだけではここまでの汚れを取り除くのはムリですね……。



さすがプロの仕事! ホコリとカビがしっかり洗い流され、本当にキレイになりました。

エアコンスプレーを使っても、ホコリを濡らして固めているだけ。汚れに届かず洗いきれない場所がある上、さらなるカビの原因になることも。もはや、やるだけ無駄です。自分でやるのは、分解せずにできるフィルターのゴミ取りだけにして、あとはすべてプロに任せましょう。



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。