シンガポールに寄港した米海軍のミサイル駆逐艦「ステザム」(2016年7月19日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米海軍と日本の海上自衛隊が、南シナ海(South China Sea)で共同訓練を実施中に行方不明になった米海軍兵士1人の捜索を行っていることが分かった。当局関係者が2日、明らかにした。

 米海軍第7艦隊(7th Fleet)の声明によると、南シナ海で1日午前、所定の活動に従事していた米海軍のミサイル駆逐艦「ステザム(USS Stethem)」に乗船中の海軍兵士1人が行方不明になったとの報告を受け、米海軍と日本の海上自衛隊が艦艇と航空機で捜索を続けているという。またステザムの艦内で何度も捜索が行われたが、兵士は見つからなかったとしている。

 海上自衛隊は、複数のヘリコプターや艦艇2隻が捜索に参加していることを認めた。

 行方不明になった兵士の名前は公表されていない。また、捜索活動は現在も進められているが、具体的な場所については明かされていない。
【翻訳編集】AFPBB News