林修氏

写真拡大

2日放送の「林先生が驚く 初耳学 2時間SP」(TBS系)で、林修氏の元教え子が登場し、予備校授業での毒舌ぶりを暴露する場面があった。

番組では、世界でもっとも権威のあるミスコンとしてミス・ユニバースを取り上げた。VTRの中で、ミス・ユニバース・ジャパン東京大会ファイナリストで、ビューティーキャンプ賞を受賞した庄司圭織さんは、高校時代に林氏の授業を受けていたことが紹介される。

VTR後、林氏の元教え子である庄司さんが、スタジオの観覧席にいることが明かされ、林氏と久しぶりの対面を果たした。庄司さんを前に林氏は「こんなに美しく変わった生徒は過去にいない」と大絶賛。

すると、千原ジュニアが庄司さんに「テレビに出てる林修先生と普段の先生は違う?」という質問をぶつけた。庄司さんは「普段のほうがもうちょっと毒吐きますよね」と、林氏の顔を見ながら話す。そして、どんな毒舌かを聞かれた庄司さんは「東大以外は大学じゃない(とか)」と暴露。ほかの出演者が大ウケする中、林氏は「やめなさ〜い!」「絶対カットで!」と、庄司さんの発言を遮るようにツッコミを入れた。

林氏は「(庄司さんが)東大特進コースというところに通ってたので、東大に行きたいというモチベーションをあげるために、口八丁ですよ!」と釈明。庄司さんも東大には落ち、早稲田大学の政治経済学部に入ることとなったが、結果として林氏からは「大学はひとつの肩書きだから、もう1年(浪人生として)がんばる間に、自分の好きなことでがんばりなさい」と、浪人せずに進学するようアドバイスを受けたことを明かしていた。

【関連記事】
林修氏が納得のいかない「×」に持論「心に突き刺さる」
東大受験のプロママ・佐藤亮子さんに設楽統も驚愕 1万冊を読み聞かせ
林修氏が現役東大生を一刀両断「かつての東大生と全然クオリティーが違う」