立会川の駅から沿道までの時間を計測する博士

写真拡大

 ついに箱根駅伝が迫ってきた。陸上長距離専門ウェブメディア「EKIDEN NEWS」の“博士”こと西本武司氏と相棒の“マニアさん”による、観戦ガイド【1区】をお届けしよう。

◆21.3km  区間記録:1時間1分6秒/佐藤悠基(2007年、東海大)

【1月2日、〜8時】号砲直前「油布ジャンプ」をする選手はいるか?

 スタート地点は始発で行っても大混雑だ。なので「寺田交差点」へ行ってみよう。1区走者が静かにアップを始めている。前回は明治大・横手健(現・富士通)に「行ってらっしゃい!」と声をかけることができた。また、本誌・週刊ポスト前号で駒澤大OB・油布郁人(同)がスタート前に跳躍するルーティーンに言及したことがネットで話題。テレビで見る場合は号砲直前に「油布ジャンプ」を見せる選手がいるか注目だ。

【1月2日8時14分】マニアさんが”神移動”で駆けつける田町

 最初のカーブ「芝5丁目交差点」を過ぎた5km・田町はレースの流れをつかむ最初のポイント。マニアさんは大手町の号砲直後に都営三田線に飛び乗り、地下通路を疾走して駆けつける。5000m自己ベスト14分29秒のマニアさんだからできる“神移動”だ。

【1月2日8時44分】村澤は「蒲田のムッサ」を語るか

 ゲスト解説・村澤ゆかりの地が蒲田だ。村澤が高校駅伝のスターだった2009年、箱根出場を待ちきれないファンが「ムッサ」(村澤の愛称)と書いたボードを固定カメラに映り込ませ、ネットの駅伝関連スレッドで祭りになり、その後数年、ファンがボードを掲げ続けて1区の風物詩となった。解説・村澤のために「ムッサ」ボードがまた出現するのか。本人はそれに言及するのか。見逃せない。

【1月2日8時30分】現地観戦の超穴場「立会川」

 沿道に行こうとすると、最寄り駅からコースが意外と遠い場合が多い。お薦めの穴場は京急本線立会川駅(10.5km付近)だ。現地で走って実測したところ改札から国道まで10秒かからない。距離にして約50m。国道に出てすぐのバス停付近はガードレールがなく、臨場感抜群だ!

【1月2日9時1分】1発目の襷リレーは「順大方式」チェック

 終盤の勝負所・六郷橋を過ぎれば、最初の中継所が見えてくる。鶴見ではスター選手を一眼レフで狙う駅伝女子の場所取り合戦も熾烈だ。注目は、両手で襷を渡す大学が多いなか、「片手で渡す主義」を貫く順天堂大。片腕を伸ばすとタイムが稼げるからで、両手で渡すと澤木啓祐・名誉総監督の雷が落ちるとされる。「今年も順大は片手だ!」と独りごちてツウを気取ろう。

撮影■マニアさん

※週刊ポスト2017年1月1・6日号