【知ってた?】日本のカッパが海外で「ド変態」 っぽく紹介されている / 英語のオンライン辞書で知ったショッキングな事実

写真拡大

「人は見た目が9割」なんて言葉があるが、それは人間だけの話ではない。妖怪にだって当てハマる。例えば、カッパだ。頭の上に皿を乗せるという、よく考えればこれ以上ないほどふざけた格好をしているために、 “恐ろしいヤツ” とは思われにくい。どう見ても妖怪界のお笑い担当、何なら “いいヤツ” である。

だがしかし……! 先日、そんなカッパのイメージががらりと変わってしまう出来事があったので報告したい。まさか、カッパがハードなド変態だったなんて……。

・英語の勉強中に発見

それは偶然の発見だった。私が英語のスラング専門オンライン辞書「Urban Dictionary」で、何の気なしに an●s(ア●ス)の項目をパラパラと眺めていた時のこと。目に飛び込んできた1つのフレーズに、思わずスクロールの手が止まった。

そこにあったのは、An●s Vampire(ア●ス・ヴァンパイア)。直訳すれば、肛門吸血鬼。……いまだかつて、これ以上に息がウンコ臭そうなネーミングの吸血鬼がいただろうか。絶対にキスしたくない。こいつとだけは! 

・聞き覚えのあるヤツが

でも、一体どんな吸血鬼なのだろう? 気になったのでとりあえずクリックしてみたところ……聞き覚えのあるヤツが出てきたのである。「Urban Dictionary」に表示された説明はこうだ。

「An●s Vampire

Spirit in the Japanese Shinto religion that is known as the Kappa or Shirokodama and sucks a person’s soul out through their anus.

Run for your lives, I think I just saw an an●s vampire!」

ザックリ直訳すると、An●s Vampire(肛門吸血鬼)とは 「カッパあるいはシロコダマとして知られる日本の神道に伝わる幽霊で、人間の魂を肛門から吸い取る。肛門吸血鬼に会ってしまったら全力で逃げろ〜」みたいな感じだ。つまり、肛門吸血鬼は日本のあのカッパだったのだ! 

でも……ちょっと待ってくれ、「Urban Dictionary」さんよ! カッパは確かに変わったヤツだ。頭に皿なんか乗せている時点で、色々と疑われても仕方がない部分はある。だけど……! カッパがそんなド変態だなんて、聞いたことないぞ。何か別の日本のコンテンツとごっちゃになってないか? あの善良なカッパを誤解してないか?

・妖怪文化研究家に聞いてみた

気が気じゃなくなった私(筆者)は、カッパの正しい情報を確認するため、妖怪文化研究家であり、カッパ捕獲許可証まで持っている当サイトの記者・K.Masami に上の内容についてどう思うのか聞いてみた。すると……

K.Masami:「肛門から人間の魂を抜くというのは、日本に伝わる話によくあるパターンです。なので、日本の河童はよく厠(かわや)に出たりします。トイレに入ってきた人のお尻を触ったりする話は全国各地にあります。血を吸うという話もよくあるものです。なので、上の海外の河童譚は日本の河童のイメージが海外に輸入されたものではないかと思います」

──思わず返信を2度見したぜ! ウソでしょ!? つまり、ただ単に私(筆者)が知らなかったというだけで、カッパは元々そういう趣味のヤツだったのだ。「Urban Dictionary」は、あながち間違いでもなかったのである。ショック! カッパを信じてたのに!! そりゃ、カッパ寿司もロゴから外すわ……。

というわけで、私のように “カッパのハードな趣味” を知らなかった人は、カッパにそういう面があることを頭の片隅に置いておいた方がいいかもしれない。そして、もしどこかでカッパに出会ったら……何があっても自分の肛門だけはガードしてくれ! いいか、絶対死守だぞ!!

参照元:Urban Dictionary(英語)
執筆:和才雄一郎
Photo:Wikimedia Commons.

画像をもっと見る