18日放送のラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(JFN系)で、有吉弘行が、バラエティ番組の中での話を真に受ける人に辟易する一幕があった。

番組では、16日放送のバラエティ番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)でダチョウ倶楽部・上島竜兵主催の「竜兵会」が解散したという話題になった。すると、その後有吉はいろいろな番組スタッフから「大丈夫なんですか? 『竜兵会』は?」と聞かれたそうだ。

身に覚えの無い心配をされた有吉が訳を尋ねると、どうやらネット上に有吉と上島が喧嘩別れした記事が掲載されているというのだ。有吉は記事ではその場の雰囲気は伝わりづらいと指摘しながらも、その記事を読んで真に受けた人もいたのだろうと推測する。

そして、有吉は女子プロレスラーのダンプ松本が悪役として活躍していた時代、街を歩いただけで石をぶつけられたというエピソードを振り返った。その話に「世間というのはそういうものなんだよ」「何が本当で何が嘘かなんて、なかなかわからない」と真偽の線引きが難しい世の中を憂いた。また、昔はドラマで嫌な役を演じた役者が世間から嫌われていたということも取り上げ、「すごいよね、世間って」「ドラマ見て、あの人ひどい人って思うんだぜ」と虚構を真に受ける人たちを皮肉っぽく語っていた。

【関連記事】
有吉弘行の率直過ぎる一般人への発言に上島竜兵が驚愕「やめなさい!」
有吉弘行が自身のTwitterアカウントにボヤキ「金になったことねぇ」
上島竜兵&出川哲朗の「キスネタ」考案者が明らかに…肥後克広が暴露