広島県で自殺した中3「どうせ言っても先生は聞いてくれない」

ざっくり言うと

  • 広島県の中学3年生が2015年に自殺し、後に進路指導での誤りが発覚した問題
  • 生徒は「どうせ言っても先生は聞いてくれない」と保護者に話していたという
  • 「このような思いを抱かせる不十分な教育相談体制」だったと報告されている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング