梅宮アンナ

写真拡大

19日放送の「ごきげんよう」(フジテレビ系)で梅宮アンナが、動物を衝動買いしては実家に預け、両親に世話を任せていると明かす一幕があった。

番組には、梅宮辰夫、クラウディア、アンナの一家が揃って出演した。サイコロトークでは、アンナが「テレビじゃ言いづらい話」を引き当て、このテーマに辰夫が「引っ越し魔。だいたい1年もたないですぐ引っ越す」とアンナの引越し癖をバラした後、ペットについての話をはじめた。

辰夫が「動物を平気で衝動買いしてきて、オレたちに預ける」と訴えると、司会の小堺一機は、どんな動物を買ってくるのかを訊ねた。辰夫はウサギが2羽と小型犬のポメラニアンが3匹いることを明かしたうえで、「全部反対です」「(クラウディアと)ふたりで反対して反対して…」と、アンナが動物を買ってくることに、賛成していないことを強調した。

それにも関わらずアンナは衝動買いしてしまうようで、辰夫は「家に帰ってきたら部屋の中にちょこんといる」「ほんとにかわいいよね」「1晩置いたらもうダメ」と、動物のかわいさには敵わない様子だった。

アンナは「生き物がいると和む」「私が買って、飼うのはこっち」と両親を指すと、クラウディアが「世話するのが大変」と不満を漏らす。しかしアンナは「(両親が)喜んでいるからいいかなと思って」と、意に介する様子もなかった。

そんなアンナが、ウサギは「ネザーランドドワーフ」と「ホーランドロップ」の2種類がいることを明かすと、辰夫は小堺の足をポンポンと叩いて「ウサギってかわいくないよ」と、訴えはじめた。続けて辰夫は「あの顔して噛む」「はやくぽっくりいってくれないと」と真顔で語り、スタジオは大きな笑いに包まれた。

【関連記事】
梅宮アンナがオタク男を盗撮? 「後で友だちに見せようかなと思って」
梅宮アンナを怒らせた一般人男性の一言「出たよ!梅宮アンナ」
有吉弘行が「ごきげんよう」の平日帯枠終了について本音