スター・ウォーズのルーツ、砂漠にいまも続く「環境完全都市」の暮らし

写真拡大

1970年代、若き日のジョージ・ルーカスが「アーコサンティ」を訪れた。トリノ出身の建築家パオロ・ソレーリがつくった「環境完全都市」を目指す共同体だ。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN 「スター・ウォーズのルーツ、砂漠にいまも続く「環境完全都市」の暮らし」の写真・リンク付きの記事はこちら
160116arcosanti02

2/8PHOTOGRAPH COURTESY OF ARCOSANTI

160116arcosanti03

3/8PHOTOGRAPH COURTESY OF ARCOSANTI

160116arcosanti04

4/8PHOTOGRAPH COURTESY OF ARCOSANTI

160116arcosanti05

5/8PHOTOGRAPH COURTESY OF ARCOSANTI

160116arcosanti06

6/8PHOTOGRAPH COURTESY OF ARCOSANTI

160116arcosanti07

7/8PHOTOGRAPH COURTESY OF ARCOSANTI

160116arcosanti08

8/8PHOTOGRAPH COURTESY OF ARCOSANTI

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN 160116arcosanti01

PHOTOGRAPH COURTESY OF ARCOSANTI

160116arcosanti02

PHOTOGRAPH COURTESY OF ARCOSANTI

160116arcosanti03

PHOTOGRAPH COURTESY OF ARCOSANTI

160116arcosanti04

PHOTOGRAPH COURTESY OF ARCOSANTI

160116arcosanti05

PHOTOGRAPH COURTESY OF ARCOSANTI

160116arcosanti06

PHOTOGRAPH COURTESY OF ARCOSANTI

160116arcosanti07

PHOTOGRAPH COURTESY OF ARCOSANTI

160116arcosanti08

PHOTOGRAPH COURTESY OF ARCOSANTI

いまや次々と記録を塗り替えている『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。その成功が意味するのは、1977年当時はまだ若い駆け出し監督だった男がつくり上げたサーガがもつ強度が確かなものだった、ということなのだろう。

この映画史で最も有名なシリーズのひとつが、たった1人の男の頭脳の産物だと考えてみると、確かに不思議だ。本作では身を引いたジョージ・ルーカスだが、それでも彼がただひとりで「スター・ウォーズ」を発想したことに違いはない。

しかし、そのアイデアのきっかけが、あるイタリア人建築家がつくったアリゾナの未来的なコミュニティーを訪れたことにあったのだとしたら、どうだろう。説明するには、少し過去に戻らなければならない。

パオロ・ソレーリは、世界中で評価されたイタリア人建築家だった。1950年代、米国に学んだ彼は当時、フランク・ロイド・ライトと知り合っている。それからイタリアに帰国してヴィエートリ・スル・マーレにソリメーネ工房を設計して、再び米国へと旅立った。そして、アリゾナに住みついた。

座の中央にいるのが、若き日のパオロ・ソレーリ(1919〜2013)。

アリゾナでは、70年にソノラ砂漠の近くで自身にとって最大となるプロジェクトを開始した。都市デザイン「アーコサンティ」だ。エコ・サステイナブルな集落で、彼の考えではそこに5,000人以上が居住することになるはずだった。彼はそこで働き、2013年、亡くなるまでの年月を過ごした。

現在、アーコサンティには約100人の人々が定住している。いまも年間で少なくとも50,000人が訪れているが、かつて、こうした人々のなかにジョージ・ルーカスもいた。

彼は70年代初めにアーコサンティを旅して、「スター・ウォーズ」世界に2つもの惑星をつくり出すひらめきを得たと言われている。『スターウォーズ・エピソード6/ジェダイの帰還』の劇中、決定的な戦闘が行われる惑星「エンドア」と、第1作(エピソード4)と新・三部作(エピソード1〜3)で見られる、アナキンとルーク・スカイウォーカーが誕生した場所「タトゥイーン」だ。

前者については、ルーカスは、小さな道で連結された丸窓つきのあばら屋からひらめきを得た。ソレーリがアーコサンティの開拓者たちの住居として建てたものだ。後者については、この集落の住民たちの集会場の、照明で飾られた球状の建物からインスピレーションを得た。

フェニックスから約100km離れたこの都市においてソレーリが実現しようとしたのは、アーコロジー(環境完全都市)についての研究だ。

彼が「建築とエコロジーの混合」と定義したその計画は、現在のところ5パーセントしか実現されてないが、住人たちはいまも彼の教えに従い、彼が考案した建物を建設し続けることに心血を注いでいる。エネルギーと食物についてはいまだ外部からの供給に依存しているが、彼らは数年のうちに完全な自給自足を達成できると確信している。

ホールでは、農業、デザイン、その他のテーマについてのワークショップが毎日開催されている(旅行者たちも参加できる)。イタリア人建築家が抱いた夢はいまも、アリゾナの砂漠で生き続けている。映画に描かれたこの都市がユートピアとして維持されていくのかは、まだわからない。

TAG

ArchitectureCityDesignEcologyGeorge LucasStar WarsWIRED IT