中国人の爆買いで株価を上げる注目銘柄ベスト5
ITバブル以来、15年ぶりに日経平均株価が2万円台を回復して株式市場が活気づいているが、さすがに相場全体のさらなる大幅上昇は見込みづらくなってきた。しかし、個別に目を向ければ、爆騰の可能性を秘めた銘柄が無数に潜んでいるものだ。では、一体それらはどこで見つかるのか? 相場の「旬のテーマ」に関連している銘柄こそ、その大本命なのだ!

◆【インバウンド消費】「爆買い」で空港が、百貨店が、地方が潤う!

「インバウンド消費」とは、訪日外国人による日本での消費のこと。最近は中国人を中心に訪日外国人が増え、一部では「爆買い」も話題だ。

「インバウンド消費を呼び込めたことは、現政権の数少ない称賛すべき点。今後も消費の拡大傾向は続くでしょう」

 そう話すのはアナリストの岡村氏。

「しかも、恩恵を受ける業界が幅広い。空港やホテル、交通機関、百貨店、家電量販店、ディスカウントストア、外食やレジャー産業も盛り上がります。また、訪日外国人はリピーターも多く、彼らは地方にも出向きます。つまり、地方の活性化も期待できるんです」

 関連銘柄は多いが、注目は5つ。

「まず、『日本空港ビルディング』は羽田空港国内線旅客ターミナルビルのオーナー。訪日外国人増加で業績はうなぎ上りです。『日本ビューホテル』は都心に行き来しやすい郊外に新たなホテルを開く方針で、さらなる訪日外国人の取り込みに意欲的です」

 ただ、ホテル業界はすべてが外国人の取り込みに成功しているわけではないので、「個別ではなくホテル中心に投資するREITを選ぶ手も」と岡村氏。

「今後はイスラム圏の観光客も増えるといわれますが、当面はやはり中国人がインバウンド消費の主な担い手であり続けるでしょう。となると、中国人に人気のファッションブランド『サマンサ・タバサ』はオススメ。同様に、中国人に人気のマンガに『ワンピース』がありますが、最近テーマパーク『東京ワンピースタワー』ができ、好調です。運営する『アミューズ』も隠れインバウンド関連銘柄として注目しておくといいでしょう」

【日本空港ビルディング】東証1部・9706
年間約6700万人が利用する東京国際(羽田)空港ターミナルビルの建設・管理運営会社。旅客ターミナルビルの保守管理や旅客サービス業務、ターミナル内での物販、飲食、店舗管理運営業務、警備業務などを手掛ける。「アベノミクス開始時の’12年に1000円程度の株価が、すでに7000円台に跳ね上がっていますが、業績堅調ですし、’20年の東京オリンピックまではインバウンド消費拡大で、さらなる上値の期待大」(岡村氏)

⇒【資料】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=47615

現在株価:7250円
単元株数:100株
最低購入価格:72万5000円
目標株価:9500円
買いメド/損切りメド:7000円/6000円
PER:77.49倍
PBR:5.37倍

【日本ビューホテル】東証2部・6097
シティホテルの「ビューホテル」グループの経営が中核。「本店である『浅草ビューホテル』は土地柄外国人に人気で、稼働率も常時95%前後と高く、安定的な経営をしています。もともと稼働率は高いので、もしインバウンド消費が急にかげったとしても、大幅な影響はないでしょう」(岡村氏)都心に行き来しやすく、宿泊費を抑えられる郊外エリアを開拓するなど、現状に甘んじることなく仕込みに手を抜かない点も評価できる。

⇒【資料】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=47616

現在株価:2111円
単元株数:100株
最低購入価格:21万1100円
目標株価:2700円
買いメド/損切りメド:2000円/1750円
PER:33.66倍
PBR:1.44倍

【サマンサタバサジャパンリミテッド】マザーズ・7829