「絶対国防圏」の外に置かれて日本から4千キロ以上離れた中部太平洋のマーシャル諸島。海軍の通信兵だった国友繁人さん(94)=福岡県太宰府市=は1943年、拠点があったサンゴ礁の島に渡った。乗るはずだった爆撃機は米軍の反攻に遭ってすでになく、補給を断たれた島で1年半、飢餓に耐えた。老いて体も不自由になった今、当時の記憶がより鮮明に心を占める。「夕立がトタンに当たる『ザー』という音を聞くと空襲を思い出す。爆