衆参両院は30日、国会議員の2019年分の所得等報告書を公開した。1人あたりの平均所得は2427万円で、前年比230万円減。株式譲渡などで一時的に10億円を超えるような所得を計上した議員はおらず、平年並みとなった。公開対象は、19年に年間通じて議員だった衆参の計653人。19年の夏の参院選で初当選した議員らは含まれない。所得の上位3人はいずれも自民党の議員。トップは、株式譲渡が所得を押し上げた元栄太一郎参院議員(8