広島は11日、海外FA権を保有する長野久義外野手(34)とマツダスタジアム内の球団事務所で残留に向けた初交渉を行った。交渉役の鈴木球団本部長は「ウチで楽しい野球生活を送ろうよ」と呼びかけたが、この日は結論が出ず。両者は今後も話し合いを重ねる見込みとなった。佐々岡新監督も残留を願うなか、まさか1年で赤チョーノ流出となってしまうのか…。今オフの広島は忙しい。新監督が誕生し、会沢の残留が決まっても、