ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 年明け4週目の中央競馬では、中山、京都、中京、3つの開催場でそれぞれ重賞(※)が行なわれます。どれも見応えがあって、興味深いレースですが、なかでも注目は、やはりスターホースのゴールドシップ(牡6歳)が参戦するGIIアメリカジョッキークラブカップ(以下、AJCC。1月25日/中山・芝2200m)でしょう。
※京都ではGIII京都牝馬S(1月24日/芝1600m)、中京ではGII東海S(1月25日/ダート1800m)が行なわれる。

 皐月賞、菊花賞、有馬記念の八大競走(※)を含む、GI5勝のゴールドシップ。昭和の時代であれば、AJCCにもこれだけの実績馬が出走することはよくありましたが、最近では本当に稀(まれ)なことです。
※桜花賞、皐月賞、オークス、ダービー、菊花賞の3歳クラシックと、古馬の天皇賞・春、秋、そして有馬記念の8つの競走は、GIレースの中でも特に格が高いものとされ、それらを総称して「八大競走」と呼ぶ。

 ゴールドシップも、はや明けて6歳になりました。しかし、昨年末の有馬記念(12月28日/中山・芝2500m)でも僅差の3着と、まったく衰えを感じさせませんでした。昨秋の凱旋門賞(14着。10月5日/フランス・芝2400m)大敗による影響が心配されましたが、その後、ジャパンカップ(11月30日/東京・芝2400m)をパスしたことが正解だったのでしょう。

 ブリンカーを再着用して結果が出ているように、相変わらず気難しい面は残っているようですが、不安材料と言えば、それぐらい。今回は、鞍上が手の合う岩田康誠騎手というのも、心強い限りです。

 さらに、中山競馬場の外回り芝2200mというのは、ゴールドシップ向きのコースと言えます。なにしろ、向こう正面がおにぎり型になっていて、内回りに比べてはっきりとした直線になっていません。乗っていると、なんとなく過ぎてしまって、3コーナーにもすんなりと入り込めるんです。おかげで、外に振られる心配がないため、比較的まくりの競馬がしやすく、まさにゴールドシップが得意とする型に持ち込めるわけです。

 今回は、実績的にも他馬とは格が違い過ぎるため、普通の状態で出走し、普通に走ってくれば、まず負けないのではないでしょうか。

 ゴールドシップに続く馬を挙げるのは非常に難しいのですが、好メンバーがそろった毎日王冠(10月12日/東京・芝1800m)を制するなど、昨年重賞2勝を挙げたエアソミュール(牡6歳)には注目しています。

 ゴールドシップと同期で、この馬もまた気難しいところがあって、出世が遅れていました。気持ちが乗らないと走らないゴールドシップとはタイプの違う難しさで、エアソミュールは気性が荒く、操作性に難があるように感じられます。何より折り合いをつけるのが大変で、他にも難しい面を抱えているような気がします。

 それでも、すべてがはまったときは、とても強い競馬を見せます。毎日王冠ではのちに天皇賞・秋(11月2日/東京・芝2000m)を快勝したスピルバーグ(牡6歳)を退けていますし、相当なポテンシャルの持ち主だと思います。

 今回の鞍上は、クリスチャン・デムーロ騎手(22歳/イタリア)。日本でもGIタイトルを数多く獲得しているミルコ・デムーロ騎手(36歳/イタリア)の年の離れた弟で、19歳で初めて来日した当初(2011年)は「まだまだ兄には及ばない」と思っていました。それが、一昨年(2013年)短期免許を取得した際には、年間37勝を記録(実働およそ3カ月)。早くも日本の競馬にも慣れて、年末から短期免許を取得した今回は、年が明けてからの2015年シーズンにおいて、現在なんと全国リーディングトップ(11勝)に立っているのです。

 しかも、11勝のうち4勝は4番人気以下の穴馬。その手腕は、早くも兄ミルコの域に達しようとしていて、今最も乗れているジョッキーと言えるでしょう。エアソミュールをどう御(ぎょ)すのか、見モノです。

 さて、このレースの「ヒモ穴馬」には、エアソミュール同様、かなりのポテンシャルを秘めているであろう、パッションダンス(牡7歳)を取り上げたいと思います。

 明け7歳となるパッションダンスは、前述の2頭よりもさらにひとつ上の高齢馬。年齢的な衰えが心配されますが、骨折して3歳春から4歳の夏まで(約14カ月)、さらに脚部不安で5歳夏から6歳秋の昨年12月まで(約18カ月)、長期休養を挟んでいてキャリアはまだ12戦しかありません。ゆえに、馬はまだ若々しく、衰えはないと思います。

 昨年12月の金鯱賞(12月6日/中京・芝2000m)では、18カ月ぶりのレースでさすがに14着と大敗しましたが、積極的な競馬を見せて、トップと2秒1差。それ以上の大差負けを喫してもおかしくないレースでしたから、よく走ったと思います。

 そして実際、年明けの中山金杯(1月4日/中山・芝2000m)では、一変した走りを披露。好位で折り合って、終(しま)いまでしっかり伸びていました。勝負どころでの反応だけがまだ遅く、その分4着と、前との差を詰め切れませんでしたが、長期休養明け2戦目としては上出来でした。

 今回は、休み明け3戦目。そうした勝負どころの反応もよくなるでしょうから、一層楽しみが広がります。

 鞍上は、内田博幸騎手から戸崎圭太騎手に替わります。乗り慣れた騎手から初騎乗の騎手に替わるのは決してプラスとは言えませんが、7歳馬と年を重ねている分、操作性はいいと思いますので、問題はないでしょう。第一、戸崎騎手は昨年のリーディングジョッキーですから、逆に"一発"あってもおかしくありません。