若手女優のマジギレ現場

上野樹里 VS 長澤まさみ 「あのコはやめて!」長澤の大河 出演を阻止

戸田恵梨香 VS 新垣結衣 「また新垣待ち?」共演ドラマで嫌味口撃!

芸能界でも若手女優やタレントの競争は最も熾烈と言われる。超不仲な女性スターたちの実態を追った。
 NHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」の主演の上野樹里(25)。当初、ある役のキャスティング案に長澤まさみ(24)も候補にあがっていた。しかし、上野の

「あのコはやめて」のひと言で出演話が流れてしまったという。

 芸能関係者が言う。

「上野と長澤は3年前にドラマ『ラストフレンズ』で共演し、撮影中は仲よしだったんですが、打ち上げで長澤が酔っ払って大騒ぎ。果てはバナナを股間にあてて笑いを取るなど下品なはしゃぎっぷりで、上野は“はしたない女”と長澤のことを嫌うようになった。『江』のキャスティングから漏れた経緯を伝え聞いた長澤はショックを受け、それ以来、犬猿の仲だそうです」

 上野には、もう1人、犬猿の仲と言われる相手がいる。宮粼あおい(25)だ。

「上野と宮粼は、共演したことはないんですが、上野が『のだめカンタービレ』で共演した玉木宏を巡ってバトルがあったんです。上野は『のだめ』の収録中に『玉木宏とキスさせろ !』と台本の変更を迫ったほど玉木にゾッコンだった。一方で宮粼は、映画『ただ、君を愛している』で玉木と恋人役で共演。強烈なディープキスを演じました。上野は宮粼に嫉妬して、“あの女には負けない”と火花を散らすようになったといいます」(芸能関係者)

 その宮粼にも、4年前の大河ドラマ「篤姫」で共演した堀北真希(23)との逸話が残されている。

「『篤姫』で宮粼は、史上最年少の大河ドラマ主演で話題になりました。その後堀北が出演することが大きく取り上げられた。当時、堀北はデビュー直後の飛ぶ鳥を落とす勢いで、宮粼は片隅に追いやられて大激怒したといいます。それから2人は現場でも口もきかないほどになってしまったんです」(テレビ関係者)

 その最たるエピソードが打ち上げパーティでの会場入りの順番だったという。

「いちばん最後に入る女優が最も力のあるスターと思い込んでいる2人は、牽制し合ってどちらのクルマも会場近くをグルグル回っているだけ。滑稽な感じでした」(テレビ関係者)

 ドラマ「JIN-仁-」でトップ女優入りをした綾瀬はるか(26)。彼女の天然キャラは有名だが、それゆえに不仲になったのが深田恭子(29)だ。

「キャラがカブるうえに所属事務所が同じでやりにくいことから、もともと関係はよくなかった。深田は『ヤッターマン』のボンデージスタイルや最近では『セカンドバージン』の貞淑な妻役で話題になっているくらい。綾瀬はドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』『JIN』や映画『プリンセス トヨトミ』などヒット作がめじろ押し。大差をつけられている深田はおもしろくない。男性関係は、深田は内田朝陽、清水良太郎と露出の少ない俳優との噂が流れる程度。一方の綾瀬は『JIN』で共演した大沢たかおなど、格上の俳優と浮き名を流している。深田の嫉妬は当分収まりそうにないでしょう」(テレビ関係者)

 同じ所属事務所で犬猿の仲というもう一つの例が小池栄子(30)とMEGUMI(30)のバトルだ。

 不仲の原因は、あるバラエティ番組でMEGUMIが発したひと言だった。

「『小池さんはスポーツに興味がないから』と軽いジョークのつもりで発したMEGUMIのひと言に小池が激怒したんです。小池の言い分は“CMが来なくなる”だったんですが、その際に『MEGUMIの売りは胸だけ』と付け加えた。そこにMEGUMIもカチンときた。結婚後ブティックを始めたり、本を執筆したり、またコメンテーターとして活動しているのも小池に対する“胸だけじゃないアピール”なのかもしれません」(テレビ関係者)

 ドラマ「コード・ブルー」で共演した新垣結衣(23)と戸田恵梨香(23)の犬猿ぶりも、なかなかのものだ。

「新垣は売れっ子ですから、撮影は“新垣待ち”になることが多かったんです。そんな時に戸田が『また、あのコ待ち?』と大声を上げたこともあったそうです。戸田は自分より新垣の出番が多いことにも不満で、露骨に嫌な顔をしたり、新垣の演技にケチをつけたり、新垣がNGを出した時にはこれ見よがしにため息をついたりしていた」(芸能関係者)

 かたや新垣も簡単に負けてはいなかった。

「主演の山下智久といちばん親しいのが新垣なんです。それを利用して、ロケ中に山下との親密ぶりを戸田に見せつけていたことが何度もあったそうです」(テレビ関係者)

やはり女は怖い。若手女優はさらに怖いかも!?

宮崎あおいの写真ギャラリー

長澤まさみの写真ギャラリー

戸田恵梨香の写真ギャラリー

新垣結衣の写真ギャラリー