『ハーフエルフ触手陵辱DS』のチラシ

写真拡大 (全2枚)

『ニンテンドーDS』用同人ゲームが発売中止となった。
ゲームのタイトルは『ハーフエルフ触手陵辱DS』で、タイトルからも想像できるようにアダルトなゲームだ。

『ニンテンドーDS』はこのようなゲームを一切許可していない(そもそもライセンシーソフトでも無い)ため仕方無いといえば仕方無いのだが、同ソフトは任天堂の有名キャラを扱ったわけでもなく二次創作(著作権侵害)というわけでもない。

ではなぜ圧力をかけられたのか? それはマジコンとの関連に秘密がありそうだ。このゲームは『ニンテンドーDS』のROMで販売しているのではなくマジコンで動作させるものだからだ。マジコンとは先日から話題になっている『R4 DS』、『DSTT』など『ニンテンドーDS』のROMイメージを動作させるアダプター。
もちろんこの『ハーフエルフ触手陵辱DS』はコピー品でも無ければ違法でもないが、マジコンの幇助とうけとられた可能性がある。
先日、秋葉原で盛大にチラシ配りしていたのだが、その後突然コミックマーケット準備会からのサークル出展取り消しとなった。
コミックマーケット準備会への圧力が任天堂からのものかは不明だが何かしら注意が行ったはずだ。
そもそもこのサークルはマジコン販売業者と同じ住所の同人サークルであり(関係は別としている)コミケの一般サークルに企業が出展することは禁止されている。
もちろん企業に在籍する者が個人的にサークル出展するのはOKだ。
また市販品のマジコンもコミケで販売しようとしていたとかいう話なのだが、コミケではそのような市販品の販売は禁じられている。

今後もマジコンを使った同人ソフトは増えそうだが、今後の発売が懸念されそうだ。
同人で活動していく以上これくらいの覚悟は必要なのかもしれない。

同人活動でディズニー物は御法度と聞くが任天堂物もそうなってくるのか……。
ピカチュウ事件とかね。

※1992年にアダルトゲームを販売していたメーカー、ハッカーインターナショナル(非ライセンシー)が任天堂に訴えられた例がある(商標権侵害差止)。

「マジコンあります!!」って……
▲「マジコンあります!!」って……

参照:ここにきて発売中止 - ずけらんのテラやりたいほうだい
参照:DSでエロゲー 「ハーフエルフ陵辱触手DS」(アキバブログ)

■オススメ! 最新人気トレビアンニュース
映画『ダークナイト』で好調なバットマンが人気格闘ゲームに登場!
2ちゃんねるトップのTシャツ女の子は誰? 各所で話題の女の子の正体判明!
オリンピック選手ブログ総まとめ!! 金メダルの内柴選手も!!
「せいぜい」の正しい意味は? 某新聞記者が意味もわからず福田首相を叩く!?
NECのサイトがリニューアルでブラウザクラッシャーサイトに!!
遊んだ回数数知れず? もっとも遊んだゲーム大全集!

トレビアンニュース記事をもっと見る!トレビアンニュース