◆メインイベント ストライクフォース世界ライト級選手権試合5分×5R
[挑戦者]ジョシュ・トムソン
Def. 判定 3-0
[王者]ギルバート・メレンデス

ホームクラウドの大声援を背にメレンデスの王座に挑んだトムソンは、落ち着いて王者のパンチに対して距離を取る。左ジャブをヒットさせたメレンデスは、左をリードブローに右拳をおとりにして、トムソンに組みついていく。ここでも距離を取ることに成功したトムソンは、反対に片足タックルからテイクダウンを奪うことに成功。左ヒザを抱えて、首を殺して立ち上がることを許さないトムソン。ケージにメレンデスを詰めて、パウンドを落とす。さらにその左ヒザを引き上げて、メレンデスの背中をキャンバスにつけると、再びパウンド。シッティングガードの王者から、ハーフガードを奪うなど、序盤にペースを握ったのは挑戦者だった。

潜ろうとする王者は、ここで足をすくいスイープに成功すると、トムソンをケージに追い込んでいく。すぐに立ち上がったトムソンは、王者のボディにヒザを見舞い、距離を取る。挑戦者の左ローに、右ストレートを合わせるメレンデス。息詰まる攻防が続くなか、1Rが終了した。

2R、切れのある左ローを見せた挑戦者。左へ回りながら、前に出てくるメレンデスに左ミドルをヒットさせる。さらに左フックから、前蹴り、テイクダウン狙いの連続攻撃に対し、スプロールしてきた王者にヒザ蹴りを見舞う。非常に完成度の高い、打撃を見せるが、ここで王者が両足タックルに。差し返したトムソンは、テイクダウンを許さず、前蹴りから、左、右と左ミドルと攻め込む。

左ジャブが伸びる挑戦者に対し、常にケージの中央に立つメレンデス。得意のテイクダウン狙いが通じない。トムソンが前蹴りから、プレッシャーをかけて王者がケージを背にすると、ここで飛びヒザから後ろ回し蹴り一閃。王者のパンチのコンビネーションはヘッドスリップでかわしていく。

インサイドの左ロー、左ジャブ、左ミドル、右の前蹴り、左右のヒザと手数でメレンデスを圧倒するトムソンが、テイクダウンを奪ったところで2Rが終わる。

3R、挑戦者ペースの試合にメレンデスは、左ジャブ。左ローを返す。挑戦者は、ここで左のアウトロー、前蹴りから前進しヒザ蹴り、右アッパーをヒットさせ、メレンデスのテイクダウン狙いを遮断、スタンドへ戻ると距離をとってゆっくりと攻める。

ケージを背にすることが多くなってきたメレンデスは、同時に左へ下がるシーンが目立ってくる。バランスを崩したトムソン、しかし、王者は5Rを意識した試合の組み立てなのか、完全にペースを崩してしまったのか、ここでも攻め込むことができない。左ミドル、右クロス、左前蹴りを見せた挑戦者は、さらに見事なタイミングで右ローをヒットさせる。

メレンデスが飛び込んで左右のフックを見せると、飛びヒザで対抗するトムソン。そして、ケージに押し込むようにテイクダウンに成功する。バックを取ったトムソンは、メレンデスが立ち上がって前方に振り落とされたが、すぐに距離をとって3R終了を迎えた。■まだまだ続く白熱の王座戦、4R&5Rは次のページへ!