怪物対決第2ラウンド

"ジ・ランド・オブ・エクストリーム"ことECWのリングでは、今夜もモンスター級スーパースターが激しい闘いの火花を散らした。
ECW on Sci Fi は、ケインとマーク・ヘンリーの超大型シングル対決でショーの幕を開けた。ケインは、サバイバー・シリーズで行われる伝統のエリミネーション形式タッグ戦でトリプルH軍に参加、ウマガが率いるチームと対決することが決まっている。ウマガ軍にはビッグ・ダディVが参加するので、WWEファンならばスカイパーフェクTVの番組予定表でサバイバー・シリーズ放送日をチェックしておくべきだろう。
先週のモンスター・マッシュ・バトル・ロイヤルでは、ヘンリーがケインをリング外へ投げ捨てる形で勝利を得た。今夜のシングル対決では、両雄が先週の試合に劣らない激しい攻防を見せつけてくれた。しかし、今夜はヘンリーが暴走、レフェリーの制止を振り切ってケインにスティールチェア攻撃を敢行、反則負けを喫してしまった。

"ノーブル、交流戦で輝く"
ECWでは、SmackDownとの交流戦が続いているが、今夜はジェイミー・ノーブルがECWのリングに上がった。彼は、ゲレロGMに誤解を招く発言を繰り返したため、ここ数週で悲惨なカードを組まれてきたが、今夜の相手はヌンジオだ。クルーザー級を代表する2人の勝負、好試合にならないわけがない
〔続きはコチラ

WWE来日ツアー決定! - 日本公演特設ページオープン
WWE日本語公式サイト