和スイーツって(笑)(笑)(笑)

写真拡大

よく女性たちが使う言葉がある。和スイーツ、ホットヨガ、小悪魔メイクなどの「おしゃれ」を感じさせる言葉だ。しかし、それらを使う女性に対して、男性たちは心のなかで失笑しているのだという。「お菓子とかケーキって言えばいいのにどうしてスイーツって言うの?」「小悪魔メイクっていうけど、目のまわりの化粧を濃くしてるだけでしょ?」などという、女性たちのなんでもおしゃれに表現しようとする“その考え”に対してである。

「おしゃれに言わなくても普通に話せばいいやん」「言い方だけおしゃれに言ってもメッキだけ(うわべだけ)のおしゃれにしかならない」ということを女性たちにわかってもらうため、 livedoor トレビアンニュース編集部が正しい言い方に矯正するよう、いくつか例をあげてみた。

「ディナーでパーティーに行ってきたの〜♪」

「夕飯を食うついでに飲み会に行ったのです」

「小悪魔メイクでバッチリ決めたの♪」

「ガチでアイシャドウ濃くしたんだ」

「実は私、Wハッピー婚なんだぁ〜♪」

「赤子できたからとりあえず籍入れることにした」

「岩盤浴でデトックスしてきたんだぁ〜♪」

「温めた岩石の上で汚物を吐き出してきました」

「プチサイズの和スイーツ美味しかったぁ〜」

「ちっさいダンゴうまかった」

…… などなど、普通に言えばいいのに、一部の女性たちはおしゃれを装って、ついついカッコつけた言葉を使ってしまうようだ。ほかにも、おしゃれを装う言い方がいくつもある。「ちょいワルマタニティー」「秋色ファンデ」「ナチュラルスイーツ」「ワーキングビューティー」「モテカワ」「アメニティライフ」「スローフード」など、その数は膨大である。それとも、世の男たちがダサだけなのだろうか? 謎である。
[詳細記事]

■オススメ! 最新人気トレビアンニュース
宇多田ヒカルは『YouTube』大好きユーザー!
『YouTube』大好き宇多田ヒカル! 彼女が注目した歌手は!?
『Google』はタメ口!『Yahoo! JAPAN』は丁寧!

■関連リンク
笑いが止まらん服装