スポニチ

写真拡大

 女優の新垣結衣(35)が、28日放送のテレビ朝日系「家事ヤロウ!!」(火曜後7・54)にゲスト出演し、小学生時代の涙ぐましい思い出を語った。

 番組では、家事の達人たちがさまざまな節約術、節約料理などを紹介。新垣は「小学生のころ、大好きだったアーティストの方のグッズを買えなくて…」と、少女時代の悲しい出来事を明かした。

 しかし、そこで頭をひねった新垣。「過ぎた(月の)カレンダーの写真を全部切り抜いて、それをポスター代わりにしてた」。写真部分だけ残して、壁にペタペタと貼っていったという。

 「小学校低学年の話なので、全然買えなくて。どんなに小さい切り抜きでも、それを全部、壁に」。好きなアーティスト名は明かさなかったが、「だから何百個の目に見詰められて…」と部屋の光景を説明し、笑わせていた。