(※写真はイメージです/PIXTA)

写真拡大

どこを見渡しても物価高の昨今。節約を余儀なくされている方も多いのではないでしょうか? ですが節約生活は我慢の連続……、がんばっても誰が褒めてくれる訳でもなく、達成感もイマイチ、モチベーションを保つのが難しいですよね。そんなときは、先人の知恵を借りましょう。今回教えてくれるのは、就職氷河期にやっとの思いで就職するも、入社日にあまりのブラックさに絶望――初任給から収入のほぼすべてを貯蓄し、46歳にして「資産1億円」を築いた絶対仕事辞めるマン氏。著書から長期間にわたり節約をつづけるコツを教えてくれました。

達成感が得られるルーティン

長期間にわたるFIRE貯金計画を立てて蓄財していると、やはり途中でダレそうになることもあります。時には10年も20年も日々の生活を律して貯金するわけですから、並大抵のことではありません。「自分がやっていることは何の意味もないのではないか?」と思えてヘコむこともあるでしょう。

そのため、私は日々の小さな達成感が得られるようなことを考え出して、チマチマとルーティンにしておりました。

「1マス 1,000円」貯金塗り絵

まずは貯金塗り絵です。2003年当時、まだ10万円すら持っていなかった駆け出しFIRE修行僧の私は、まず会社のパソコンのエクセルに100×100のマスを作りました。1マスを1,000円と見なして貯金を表現しており、日々貯まった分を黒く塗っていくのです。つまり、すべてが黒になったら貯金1,000万円ですね。


ただ、「給料が入ったら、一気に200個塗る」のようにすると、塗る日が少なく、通帳を見るのとあまり変わりません。そこで、1年間で貯められるであろう金額を平日の日数で割り戻し、退社時に毎日塗っていました。給料、ボーナス、運用の見込み益などのすべてを考慮します。

当初、私は1日12マスほど塗っていました。飽きがこないように何かの模様を作ることを小さな目標にしたり、陣地を2つ作って後日つなぎ合わせたり……。こうやって落書きが増えていきます。毎日10個ちょっとしか塗れないので、短期間では変化がわかりづらいです。

そこで、時々スクリーンショットでマスの画像を保存し、それらを比べて「貯金は確かに進んでいるなあ……」と実感していました。もっと細かく1マス500円にするとか100円にするとか、基準はなんでもよいですが、あまり細かくすると塗る行為自体が億劫になってしまいます。1マス1,000円くらいがちょうどよいです。また、想定される年間貯金額を1日に換算して毎日塗っていくと、実際の貯金額とズレが生じます。ここは時々補正しましょう。

なお、この方法は、SNSはおろかブログすら一般的でない、2003年当時の工夫です。貯金について他人と話すわけにもいかず、節目の金額が貯まっても褒めてくれる人などいない時代の話。だから、この貯金塗り絵で進むべき方向を見失わないようにしていました。今の時代なら、もっといい方法がネット上にあるかもしれませんね。

私自身、貯金塗り絵は最初の1,000万円までしかやりませんでした。それどころか、塗りきった日のこともよく覚えていないんですね。3年くらいかかった記念すべき達成の日の記憶もすっぽりと抜け落ちているのです。当時はめちゃくちゃ忙しく、うつっぽい気分がずっとつづいていた時期なので、脳が勝手に記憶を消してしまったのかもしれません……。残念です。

「100万円で1cm」貯金せいくらべ

2,000万〜3,000万円貯まったころには、「貯金せいくらべ」というモチベーション維持法をやっていました。このくらいの額だと、一万円札を重ねると相当の厚みになるので、厚さでお金を表現するようになったのです。ちなみに、新札の一万円札で100万円の札束を作ると、ピッタリ1cmとなります。

貯まった金額に応じて、地面から高さ20cmや30cmを測り、会社の壁や柱に目立たないように鉛筆で横一文字に線を引くだけです。子の成長を柱に刻むように、よく使う会議室や、上司の机にこっそり落書きしていました。

とにかく100万円の札束(1cm)を目標にどんどん貯金し、ある程度貯まったらまた線をこっそり書き直します。「これが50cmになったら、いきなりその壁に穴が開いて抜けて逃げられる」だとか、変なイメトレもしていました。

この取り組みの途中で、人事異動により勤務場所や建物が変わったこともありましたが、今でもその場所に線が残っていることがあります。

「ああ、あのころの私の貯金はこんなに少なかったんだな〜」と、わが子の成長を振り返るような感覚になれます!  今のうちに、あちこちに印を書いておくといいかもしれません。(笑)

「絶対本物に変えてやる!」偽札束作り!

ブログや召覆匹播戞慌菫を載せていますが、段ボールで1,000万円のブロックの偽札束を作る、という方法も実践しました。最初の目標は5,000万円だったので、5個です。

1,000万円のブロックの大きさは、76mm(タテ)× 160mm(ヨコ)× 100mm(厚さ)の直方体です。この大きさのを段ボールで自作し、「これを絶対に本物に変えるんだ!」と自分を鼓舞していました。手に持つの大きさが、そのまま現実の具体的なイメージとなるのでイメトレ効果は抜群です。

ただ一つ、注意があります。「本物に変わったらいいな」とか「本物に変わりますように」といった生半可な気持ちでは効力が最大限に発揮できずダメなんです。

「本物に変える! 本物に変わる予定である、その予定は確定している。むしろ本物である、もはや本物である、よく見たら本物だった、ただ単に物体周りの時間がズレてるだけ!」

そのくらいの強い気持ちを呼び起こすためのグッズです。

「貯金塗り絵」や「貯金せいくらべ」と比べて格段に奇行なのですが、そもそも5,000万円や1億円などという大金を貯めようとすること自体が奇行なのです。だから気にせず作っちゃいましょう。

ただ、この偽札束を並べたり投げたり転がしたりしているうちに、あちこちがヘコんできてしまいました。中身が詰まった発泡スチロールなどで作るべきでした。これから作る方は参考にしてください。

壮大な目標を具現化するには、とにかく具体的イメージを醸成する必要があります。これは貯金に限ったことではありませんよね。勝利をイメージできないボクサーが相手を倒せますか。幸せな家庭像を具体的に描けない人が家庭を幸せにできますか。それと同じです。嫌になるほどクッキリとゴールを意識し続けましょう。

まとめ

・貯金を続けるには「小さな達成感」が必要

・目標はできるだけ具体的にはっきり意識する

絶対仕事辞めるマン