宮迫博之

写真拡大

 元お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(52)が19日、東京・渋谷Spotify O―EASTなどで開催された音楽と笑いのフェス「YATSUI FESTIVAL!2022」に出演。芸人として久々の舞台を踏んだ。

【写真】「闇営業」の謝罪会見で、質問した記者に厳しい視線を向ける宮迫博之

 フェスの主催者で、お笑いコンビ・エレキコミックのやついいちろう(47)が、宮迫が経営する渋谷の焼肉店「牛宮城」に出向き出演オファー。宮迫は10年ぶりのコントにも挑戦する。

 宮迫は、フェス内の「やついフェススペシャル歌合戦」に出演。山口智充と結成した音楽ユニット「くず」の「全ての声が力になる」を独唱した。〝宮迫です〟のポーズを決めたが、緊張しきり。「あかん緊張がエグいぞ。過呼吸がエグい」とつぶやき、MCのやついから「お客さんと目を合わせてください」とツッコまれた。

 「ご存じかもしれませんが、いろいろございまして…。知らない人は闇営業で検索してください」と自虐ネタも。曲の締めでジャンプすると、右手にはめていた数珠(じゅず)が外れ、飛ぶハプニングもあった。

 宮迫は「すべてを振り返りつつ、みそぎを済ませるという意味で…」と今回のフェス出演を振り返ったが、やついから「数珠が飛んだってことは、許さないってことじゃないですか?」と振られると「もう許してください。みそぎ終わらせてくれ!」とステージ上でひざをついて懇願していた。

(よろず~ニュース・杉田 康人)