藤森慎吾(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

「これまで会社がブロックしてくれてた部分もあったんですけど、えっというのもあります。めちゃくちゃ怖い」

近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

 お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾(38)はこのほどテレビでそう打ち明けた。昨年いっぱいで吉本興業を退社して以降、フリーになったため仕事のオファーを直接受けるようになったところ、「1時間、イベントの司会やってくれたら1000万円出しますとか、本当かどうか分からないような、いかがわしいのもくる。そういうところのジャッジが難しい」のだという。

 いわゆる反社からのアプローチであったとすれば、2019年に発覚し騒動となった闇営業問題を彷彿させる。

「いまやタレントが事務所を選ぶ時代になった」と、業界関係者も驚く芸能界だが、芸能プロが所属タレントへオファーのきた仕事内容を精査し選別するという“安全弁”をなくすと、藤森のようなケースに見舞われるのだろうか。業界の裏事情に詳しい芸能プロデューサーがこう言う。

「藤森さんへのオファーがどこから舞い込んだのかは分かりませんが、コロナ禍でチャイナマネー絡みの仕事の案件が増えているように見えます。ある老舗芸能プロが経営に行き詰まり、中国資本のグループに入りましたが、コロナで閉店した病院とか飲食店とかアトリエとか、クラブや旅館とか、スキャンダルなどで芸能人の手放した豪邸、アダルト女優までもが買い叩かれ、このご時世でも儲けている外国人投資家向けのオークションが行われたりしているそうです」

 藤森は現在、吉本興業時代の女性マネジャーに“移籍”してもらい、スケジュール管理などの現場仕事を任せている。その様子もチャッカリ自身のユーチューブで配信するなど抜け目がないだけに、怪しい仕事に対する嗅覚は敏感なのかも。