vw

写真拡大

フォルクスワーゲングループは自動運転(AD)ソリューションの開発能力を一層強化していく。

グループ会社のCar.Software Organisationはマイクロソフトとの協力により、Microsoft Azureの計算機能とデータ処理能力を活用し、自動運転体験を世界規模でさらに迅速に提供。ADPをAzureで稼動させることにより、フォルクスワーゲン グループ内各ブランドの乗用車向けの先進運転支援システム(ADAS)および自動運転(AD)機能の開発効率を向上。フォルクスワーゲンとマイクロソフトは、2018年よりVolkswagen Automotive Cloudを通じた戦略的パートナーであり、このクラウドで、将来的にフォルクスワーゲンの全デジタルサービスおよびモビリティ製品を統括する予定となっている。

「私たちは、フォルクスワーゲン グループをデジタル モビリティ プロバイダーへと変革させるにあたり、ソフトウェア開発の効率をさらに向上させることが引き続き課題となっています。そのため、マイクロソフトとともにAutomated Driving Platform(ADP)を構築し、一つのスケーラブルなデータベースエンジニアリング環境を通じて開発作業の簡素化を図っています。コネクテッド ドライビングソリューション開発で培った弊社の専門知識とマイクロソフトのクラウドおよびソフトウェアエンジニアリングのノウハウを組み合わせることにより、安全かつ快適なモビリティサービスの提供を加速します」と、Car.Software Organisation 最高経営責任者(CEO)のディルク・ヒルゲンベルクは述べている。

「今回の発表は、フォルクスワーゲン グループとの基本的な取り組みが次の段階に入ったことを意味しており、同グループが目指すソフトウェア主導型モビリティ プロバイダーへの変革を強化するものです」と、マイクロソフト Cloud + AI エグゼクティブ バイス プレジデントのスコット・ガスリーは述べている。

「Microsoft Azureのパワー、計算機能、データ処理能力、人工知能(AI)の能力により、フォルクスワーゲンは、安全で信頼性の高い自動運転ソリューションを、いち早くお客様に提供できるようになります」

先進運転支援システムおよび自動運転車両は、乗員の安全を向上させる助けとなるだけでなく、渋滞を緩和し、モビリティをさらに快適にすることにも貢献している。こうしたソリューションを構築するには、大規模なコンピューター処理能力が必要だ。自動運転機能のトレーニング、シミュレーション、検証を行うためには、交通状況や天候に関する情報から障害物の検出やドライバーの行動まで、ペタバイト単位のデータを毎日管理する必要がある。数十億kmに及ぶ実走行およびシミュレーション走行データから学習する、機械学習アルゴリズムが、コネクテッド ドライビング体験のカギとなる。Car.Software Organizationは、開発者体験を簡素化し、グループの車両からの実際の交通データとシミュレーションデータを含む一つの中央データベースを通じて「走行距離からの学習」を活用することにより、マイクロソフトとともにこれらの課題に立ち向かう。Microsoft Azureの計算機能、データ処理能力、機械学習サービス、アジャイルソフトウェア開発におけるマイクロソフトのノウハウとが相まって、Car.Software Organisationの開発者は世界中から一つの開発環境を利用できるようになる。ADPは、開発サイクルを月単位から週単位まで短縮するとともに、膨大な量のデータを効率的に管理するのに役立つ。両社は、ADPに関する作業をただちに開始し、開発プラットフォームの機能範囲を継続的に拡大することを目指している。両社はさらに、自動運転および先進運転支援システム ソリューションの開発を強化するために、ADPを共有することにより、テクノロジーパートナーがツールやサービスを構築できるようにする予定だ。