胸のあたり挟まれ…クリーニング工場で作業員死亡

写真拡大

 クリーニング工場で男性作業員が挟まれて死亡しました。

 22日午後6時30分ごろ、香川県高松市にあるユニホームをクリーニングする工場で作業員の俟野亮さん(45)が衣類を乾燥機に運ぶコンベヤーと鉄骨の間に挟まれているのを見回りをしていた従業員が見つけました。

 発見当時、俟野さんは胸の辺りが挟まっていて、駆け付けた消防が俟野さんの死亡を確認しました。

 工場の運営会社によりますと、俟野さんが見つかった場所は、通常は無人の作業場だということです。

 警察は俟野さんが何らかの理由で事故にあったとみて原因を調べています。