献花台を見た父は、「光太のことを悼んでくれる人が多くてよかった」とだけつぶやいた

写真拡大

「こうた! こうた!」。1月3日の夜、閑静な住宅街に息子の名前を叫ぶ母親の声が響き渡った──。

【写真】医療逼迫を小池知事はどう乗り越えるのか。会見で切実な表情を浮かべる

 その日、東京・世田谷区で、近所に住む小学4年生の三村光太くん(9才)は、2才の弟を乗せたベビーカーを押しながら、青信号で横断歩道を渡っていた。その刹那、光太くんに左折してきたポルシェが突っ込んだ。ベビーカーの弟と、後ろを歩いていた母親ともう1人の弟(8才)は無事だったが、光太くんは帰らぬ人となった。

「光太くんは明るく活発で、友達も多くてクラスの人気者でした。弟たちの面倒見もよくて、小さい弟が乗るベビーカーを押す姿をよく見かけていたのに……」(近隣住民)

 光太くんの父親が、無念さを滲ませながら明かす。

「私は一緒にいなかったのですが、事故の発生後すぐに駆けつけました。光太はベビーカーを押して先に横断歩道を渡り、少し後ろを歩く妻と次男に手を振りたかったと思うんです。いつもこうして、私たちを楽しませてくれていた。いつも通りの行動だったんです。それなのに車が……運転手が衝突後も停止せずに車を動かしたせいで、2回も轢かれてしまったんです」

 死因はタイヤで圧迫されたことによる内臓損傷だった。光太くんの父親が続ける。

「ベビーカーに乗せていたいちばん下の弟をとてもかわいがっていて、本当によく面倒を見てくれていました。残っている写真も、いちばん下の弟を抱っこしている写真ばかりなんです……。まだ9才ですよ。亡くなった1週間後の1月11日は10才の誕生日だったんです。“ハーフ成人式”で写真を撮る予定だった。悔しい、悔しい……加害者を許せません」

 ポルシェを運転していた神奈川県藤沢市在住の自営業・和三恵太容疑者(45才)は、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕された。和三容疑者の自宅は、豪邸が立ち並ぶ湘南の住宅街にある。

「あのお宅は数年前に引っ越してきたばかりで、表札も出ていないんです。ほとんど近所づきあいもなく名前も職業も知りませんでした。家族は奥さんと男の子がひとり。小学3〜4年生くらいで、ちょうど亡くなった子と同じくらいですよ」(近隣住民)

 光太くんは事故翌日の午前中、搬送先の病院で息を引き取った。

 今回の事故は和三容疑者の確認不充分が招いた最悪の事故であるが、同時に注目されたのが搬送先だ。事故現場から車で5分の距離には国立病院があるにもかかわらず、搬送されたのは車で30分の品川区にある大学病院だった。

「東京はコロナ感染者数が爆発的に増えていた時期で、救急患者の受け入れを拒否している病院もあった。光太くんは、たらい回しにされたのではないかという見方もあり、大きく報道されたのです」(全国紙社会部記者)

 総務省消防庁の発表によれば、病院への照会が4か所以上あったケースなど、搬送先がすぐに決まらない「救急搬送困難事例」が、1月4日から10日の週は全国で2707件あり、約1か月前から倍増した。さらに、コロナ禍以前にあたる前年の同時期と比べ約9割増えたという。

「増加の一因として病院側が新型コロナ患者の対応に追われ、救急患者の医療に手が回らなくなっていることが考えられます。年始以降状況は悪化しています」(総務省消防庁救急企画室)

 光太くんの搬送先が近くであれば、事態は変わっていたのだろうか。こうした見方がされる一方で、光太くんの父親は、

「搬送先がどう決まったかはわかりませんが、たらい回しにあったとは思っていません。病院や救急隊のかたがたは、そんな状況でも一生懸命に息子の命を救おうとしてくれた。悪いのはコロナでも病院でもなく、加害者なんです」

 そう、やりきれない思いを明かすのである。

※女性セブン2021年2月4日号