モデルでタレントの山之内すず(19)とお笑いコンビ・ぺこぱのシュウペイ(33)と松陰寺太勇(37)が12日、都内で行われた「はたちの献血」キャンペーン記者発表会に出席した。

【映像】クイズでシュウペイが“珍回答”

 「はたちの献血」キャンペーンは、献血者が減少しがちな冬場に合わせて、献血に対する理解と協力を新成人などの若者に向けて広げていく活動。キャンペーンキャラクターに抜てきされた山之内は、「20歳代表として選んでいただいて本当に光栄に思います。若い同世代の方と一緒に献血についてもっともっと知っていけたらなと思っております。皆さんに知っていただける、興味を持つきっかけになれたら嬉しいなと思っています」とコメントした。

 この日3人は、献血をもっとよく知るためのクイズに挑戦。「献血は主にどのような場合に使われている?」という問いに、山之内すずは「病気の治療。病気で血液を必要としてらっしゃる方がすごくたくさんいらっしゃると思うので病気の治療だと思います」と回答。一方でぺこぱ・シュウペイのフリップには「交通事胡のケガ」と書き込まれており、“事故”の漢字を間違え「交通事故のけがって書きたかったんですけれど、たぶん(漢字を)間違えましたね」とコメント。松陰寺は「独特な字を書くんじゃねーよ」と普通にツッコんでいた。クイズの正解は「がん(悪性新生物)の治療」。山之内は「勉強した甲斐がありました」と笑顔を見せ、シュウペイは「僕も勉強したつもりだったんですけれども、全治一生のケガを負いました」と苦笑した。

 山之内は、今年の10月で新成人となる19歳。10代卒業に向けてやり残していることを明かした。「意外と制服着て友達と遊んでみたいなことだったりしたんですけれど、それはお仕事で叶えていただいたので、コスプレとか一回挑戦してみたいなっていうのはありますね。本当にしてみたいです」。
(ABEMA/『ABEMA NEWS』より)