キスするときは、同時にボディタッチも加えると、さらに男性をドキドキさせられます。

今回は「もっとキス上手になりたい!」「キスで彼をキュンとさせたい!」と考える女性に向けて、男性がキス中に触って欲しい場所をご紹介。

効果的なボディタッチを取り入れて、今以上にキスを盛り上げましょう。

「一緒にベンチで座りながらキスしたとき、彼女がそっと手を握ってくれたんです。
ドラマのワンシーンみたいでウットリしました」(20代/秘書)

キスしながら手に触れると、ロマンチックな雰囲気になります。

ピュアな愛情が実感できるため、大胆なアプローチが苦手な女性にもおすすめです。

手に触れるときは、頑張って握らなくてもOK。ほんの少し触れたり包み込む程度でも、充分に効果は得られますよ。

純粋さをアピールしたいときには、優しく触れましょう。

首や頬

「首筋を触られたりほっぺに手を添えられると、かなり舞い上がっちゃいます。
キスの感度が上がって気付いたら夢中になっているんです」(30代/自営業)

首や頬を触られるととてもドキドキするみたいです。情熱的なキスがしたくなるのだとか。

激しいキスを楽しみたいときには、無理に口や舌の動きで頑張るよりも、彼の顔回りへのボディタッチを豊富にした方がベターです。

首に手を回したり、耳から首筋にかけてをなぞったり、頬に手を添えながら舌を入れたり……。

彼がゾクゾクするような演出を意識して、じっくりと触りましょう。

触りすぎるとキスに集中できなくなるため、慣れないうちはそっと触れる程度でもOKです。

「彼女とは身長差があるのですが、背伸びしながら胸に手を当ててキスする様子がたまらなくカワイイです」(20代/コンサル)

男性の胸にそっと手を添えたり、彼の胸を上方向に少しずつ撫でて前述した「首や頬」へのボディタッチに繋げましょう。

胸元は男性らしさの象徴でもあり、男性を頼りにしている様子が伝わります。

ただし、あくまでもロマンチックな映画の一場面のように、上品に触れるようにしましょう。

胸の応用で、ハグするように背中に手を回すボディタッチもおすすめです。

ボディタッチを使って効果的なキスをしよう

キスは恋人同士になると何度も繰り返すスキンシップ。

そのため、マンネリさせないためにもたくさんのバリエーションを持つことが重要です。

口や唇の動きだけに頼ると、「頑張っているのに上手くいかない」「キスがワンパターンになる」などの悩みが尽きません。

キスは環境・ムード・キス以外の刺激からも、盛り上げることが可能です。

ぜひ今回ご紹介したボディタッチをプラスして、男性の気持ちを効果的にくすぐってみましょう。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)