厳しい再出発

写真拡大 (全3枚)

 10月19日、小川彩佳アナ(35)が「news23」(TBS)に帰ってきた。今年7月より産休に入り、第1子を出産してわずか3カ月のスピード復帰だ。だが、本人の頑張りとは裏腹に、視聴率はいつもと変わらぬ3・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)だった。厳しい再出発に、早くも交代説が出て――。

 ***

人気上昇中「山本恵里伽アナ」はどこが凄いのか

 番組冒頭、小川アナはたった1人でスタジオに立ち、こう挨拶した。

小川:こんばんは、「NEWS23」です。7月から出産のため番組を離れておりましたが、今日から再び、こうして皆さんにお目にかかることになりました。緊張しております。どうぞよろしくお願いいたします。

厳しい再出発

 コロナ禍で4月からはずっとリモート出演だった彼女、そのまま産休に入ったため、スタジオからの出演は半年ぶり。春先の頃と変わらぬ姿に、いつもの生真面目なアナウンスぶりは、視聴者を安心させたはずである。だが、放送終了後に、番組公式Twitterで公開された動画には、ある変化が見て取れた。

実は太っていた

小川:今、久しぶりのオンエアを終えたところです。私、妊娠中はリモート出演をしていたので、この(新しい)スタジオからお伝えするのは、実は初めてなんですね。しかも、スタジオからお伝えするのも半年ぶりとなりまして、非常に緊張しました。また、あのー、スタイリストさんにたくさん衣装を用意していただいたんですけど、片っ端から入らずですね、この一着がようやく入った一着でして、そういったところから……。

桑子真帆アナ

――カメラが引いて、彼女の全身を映そうとする。

小川:引かないでください! まあ、4ヶ月半のブランクとはこういうことかと感じましたけれども、少しずつサビを落として、改めて心を込めて、ニュースをお伝えして参りますので、今日からよろしくお願い致します!

 Twitterの動画は、終始笑顔だ。なんだか、以前より明るくなった? 民放プロデューサーが語る。

ポスト小川は桑子アナ?

「明るさを番組でもっと出せばいいんですけどね。もともと綺麗なんですから、親しみやすさが加われば、人気も出るはず。そうなれば番組復帰に当たり、“ご祝儀”で数字も上がったはずなんです。たとえアンチでも、復帰時はチャンネルを合わせてくれるものですが、興味を持たれないというのが一番辛いですね」

夏目三久アナ

 3・2%はいつもと変わらない視聴率である。

「彼女の産休中から、代役を務めた山本恵里伽アナ(27)の評判が良く、彼女の戻るイスは残っていないのでは、なんて報道もありました。焦って早期に復帰したのでは、なんて声もありましたけど、数字的にはそれほど変わっていません。山本アナの前4週の視聴率は、3・2%、4・1%、3・1%、2・9%でした。先週金曜日(10月16日)など、2・9%と金曜日の年間最低視聴率を記録しました。確かに山本アナの評判は悪くありませんでしたが、数字にはつながっていないというのが実情です」

 ならば、当分は小川アナで安泰ということか?

「数字が悪いことに変わりはない。このまま上がる要素はないので大変厳しいですね。裏の有働由美子アナ(51)の『news zero』(日本テレビ)は、9・8%とトリプルスコアでした。だから、一部で桑子真帆アナ(33)待望論が出ているなんて報じられてしまうんです」

 言うまでもないが、桑子アナはNHKの現役局アナである。

「彼女は小澤征悦(46)との熱愛が報じられて、結婚してフリーになるのではと言われていますからね。そして、TBSにはNHKアナをこれまで引き抜いてきた歴史があります。古くはNHK出身のフリーアナ第1号と言われる高橋圭三アナ(故人)。彼はTBS専属というわけではありませでしたが、看板番組の『輝く!日本レコード大賞』の司会を長く務めました。他にも、『3時にあいましょう』の野村泰治アナ(故人)、『噂の!東京マガジン』の森本毅郎アナ(81)、『世界ふしぎ発見!』の草野仁アナ(76)もNHKを辞めると、まずTBS専属になりました。『NEWS23』も草野満代アナ(53)、膳場貴子アナ(45)もNHKからの引き抜きでした。この10月にも南波雅俊アナ(32)がTBSに移籍したばかりです」

 NHKの後はTBSというルートでもあるのだろうか。

「かつては“報道のTBS”とも呼ばれていましたし、民放の中でもお堅いイメージがあったので、NHKから移りやすかったのでしょう。でも最近は、有働アナの例を見てもわかるように、NHKアナだからといってTBSを選ぶとは限りません。しかも、日テレ・有働アナの裏にTBS・桑子アナでは、元NHK同士で被るのはちょっとどうかと思います」

 ポスト小川に桑子アナは、やはり現実的ではないようだ。となると、他に誰がいる?

「ただでさえ、他局出身アナばかり使うことが、TBS局内では不評を買っています。前任の雨宮塔子アナ(49)はフリーアナでしたが、TBS出身ですから社内ウケは良かった。だからといって、他に局アナは思い浮かびません。ならば、現在、『あさチャン』で朝の顔を務めている夏目三久アナ(36)はどうでしょう。彼女は早朝よりも夜のほうが合ってそうです。もっとも彼女は元日テレなんですけどね」

 テレ朝アナだった小川アナがTBSに来て、NHKアナだった有働アナが日テレに。さらに日テレアナだった夏目アナがTBSの夜の顔に? フリー女子アナの世界は、本当に過酷だ。

週刊新潮WEB取材班

2020年10月22日 掲載