「ジャパンネット銀行」から「PayPay銀行」に、改称は来年4月5日を予定

Zホールディングスの連結子会社であるジャパンネット銀行は、PayPay銀行への名称変更日を2021年4月5日に決定しました。

これにより、「ジャパンネット銀行」は2021年4月5日より「PayPay銀行」になります。

なお、現行の「ジャパンネット銀行」名のキャッシュカードは社名変更後も利用可能。口座利用者も特別な手続きは必要ありません。

Yahoo! Japanを傘下に抱えるZホールディングスは、傘下の金融サービスのPayPayブランドへの改称を進めています。

スマホ決済サービスの「PayPay」は、金融サービスを軸としたスーパーアプリ化を進めており、PayPay銀行への改称で、PayPayアプリから名称の違和感なく、よりシームレスに旧ジャパンネット銀行の金融サービスを利用できるようになります。

なお、名称変更の実施は株主総会および当局の承認が前提となります。

Source:ジャパンネット銀行

外部サイト

「ジャパンネット銀行」をもっと詳しく

  • freeeが書類作成サービスを提供 スマートフォンで手軽に会社を設立
  • インターネットバンキングの危なさ…意外に知らない基礎まとめ
  • ファミマ、ジャパンネットと提携