日本テレビ(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 コロナ禍で開催が危ぶまれていた日本テレビ系のチャリティー番組「24時間テレビ」が来月22、23日に放送されることが発表された。

嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

「医療従事者の方への支援をはじめ、今年こそ、このチャリティー番組をやっていく意味があるのではないかということで、放送することを決めました」と同局の水卜麻美アナが6日放送の「ZIP!」で説明。メイン会場の両国国技館は無観客とし、募金はキャッシュレス募金、恒例のマラソンも実施しないという。

 メインパーソナリティーは、V6の井ノ原快彦(44)をキャプテンに、NEWSの増田貴久(34)、Kis―My―Ft2の北山宏光(34)、ジャニーズWESTの重岡大毅(27)、King&Princeの岸優太(24)の5人。“世代もグループの垣根も超えて”抜擢されたというが、急場しのぎの寄せ集め軍団の感は否めない。

 今年末での活動休止を前に、メイン司会が有力視されていたの起用はなかった。番組関係者はこう話す。

「コロナで5月に予定していた国立競技場でのファイナルコンサートも中止となる中、ファンを優先したいという考えから、『24時間』だけを特別扱いして出演することにリーダーの大野(智)が難色を示した。日テレは事務所を通してギリギリまで交渉を続けていたが、大野はガンとして首をタテに振らず、やむを得ず、ああいう形になった」

 さらに大野は、コロナ禍で4月の中国公演中止、NHKのスペシャルナビゲーターを務める予定だった東京五輪も延期と、活動休止前の仕事が実質的にほとんどできない中、活動休止自体の先送りを望む事務所に対してもこれを拒否しているという。

「年内の活動休止の方針は変わらないでしょう。大野は女性誌で、かねて公言していた宮古島に移住する計画があると報じられましたが、現在、嵐のメンバーは十分な意思疎通が図れていない状態です。嵐としての活動休止の花道は年末の紅白になりそうです」(芸能関係者)

 しかし「24時間」には、「新型コロナ感染拡大防止を支援するチャリティーユニット『Twenty★Twenty(トニトニ)』の出演を現在調整中」(前出の番組関係者)というから、ユニットの一員として嵐のメンバーも出演する可能性はあるという。

 ともあれ日テレは、今回の24時間テレビを「“新しい日常”での1回目」と位置付けているが、異例ずくめの実施強行は果たして吉と出るか、凶と出るか。