初対面で「いい子そうだな」と好感を抱く女性の共通点5パターン

写真拡大

男性との出会いがないわけではないのに、いまいち進展がないという人は、もしかしたら「第一印象」で損をしているのかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「初対面で『いい子そうだな』と好感を抱く女性の共通点」をご紹介します。

【1】パッと見ただけで清潔感がある
「美人じゃなくても身ぎれいにしているだけで好感度は高いです」(10代男性)など、容姿をきちんと整えている女性は、好印象を与えるようです。髪を伸ばしっぱなしにしない、ブラウスにはアイロンを掛ける、汚れた靴は履かないなど、ちょっとしたことに気を配れば、高価なものを身に着けなくても、そこそこの見栄えになるでしょう。

【2】きちんと挨拶ができて礼儀正しい
「言葉遣いがキレイで、敬語なんかもちゃんとしてる子は『育ちがよさそう』と興味を持ちます」(10代男性)など、行儀がよくマナーを心得ている女性も、男性には一目置かれるようです。とはいえ、馬鹿丁寧なレベルできっちりしすぎているのも浮いてしまうので、その場の状況に応じて振る舞い方を使い分けましょう。

【3】笑顔を絶やさず、楽しそうな雰囲気を醸し出している
「どんな話題でもニコニコと笑みを浮かべて参加できる子は、気遣いができていいなと思います」(20代男性)など、基本的に口角が上がっている女性は男性からの評価が高いようです。機嫌がよさそうな人がいるだけで、周囲も明るい雰囲気になるので、「あの子がいると楽しいね」と思われるようなムードメーカーを目指したいところです。

【4】姿勢がよく、所作が美しい
「指先の動きまで優雅だったりすると、レベルが高い女性だ!と釘付けになります」(20代男性)というように、「仕草の美しさ」に着目する男性もいます。猫背の人は背筋をピンと伸ばす、ドタドタと歩きがちな人は足音に注意するなど、自分の動作のNGポイントを改めるようにすると、全体的なたたずまいも変わってくるのではないでしょうか。

【5】こちらの話を興味深そうに聞いてくれる
「仕事の話なんて面白いはずないのに、『大変そうな業界ですね…』とか食いついてくれると、つい気分がよくなってたくさんしゃべってしまう」(20代男性)というように、「聞き上手な女性」を歓迎する声もあります。目を見て相槌を打つだけで「熱心に聞いている」感は演出できるので、とりあえず試してみて損はないでしょう。出会いはいつ訪れるかわかりません。今すぐに改善できそうなところから変えていきましょう。(田中健斗)