明日28日(金)の天気冬型の気圧配置は緩むも 西から天気下り坂

2020/02/27 16:56 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・日本海側は天気回復、太平洋側も日差し届く・西日本は外出には折りたたみ傘を・気温が低くても花粉対策は万全に

明日28日(金)は冬型の気圧配置は西から緩み、移動性の高気圧が本州付近に進んできます。本州の日本海側の雪や雨はだんだん止んで、太平洋側では晴れる所が多くなります。ただし、北海道では引き続き雪が降って局地的に強く降り、西日本も東シナ海に前線が進んでくるため、天気は下り坂です。

日本海側は天気回復、太平洋側も日差し届く

北陸や東北の日本海側ではだんだん雪や雨の止む時間が長くなります。一方、北海道では雪が降りやすく、一時的に強まって一気に積雪が増加する所もありそうです。太平洋側では日差しが届き、風も弱まって穏やかな天気になります。

西日本は外出には折りたたみ傘を

東シナ海に前線が伸びてくるため、朝のうち晴れ間が出るものの、日中は徐々に雲が多くなります。夕方以降は九州から雨が降り出し、夜遅くなると中国、四国地方も雨の降りだす所があります。お出かけには折りたたみの傘があると安心です。

気温が低くても花粉対策は万全に

全国的に日差しが届く所が多くなります。ただし、気温の上がり方は控えめで、季節が少し戻ったような冷たい空気に包まれます。それでも西日本から東海、関東では花粉の飛散が本格化しており、花粉の飛ぶ量が多くなりますので、万全な対策が必要です。