NASAが生命が存在する可能性のある惑星を発見 地球から100光年の距離

ざっくり言うと

  • NASAが6日、生命が存在できるとみられる系外惑星を初めて発見したと発表
  • 同惑星は、地球から約100光年離れた恒星の周りを回っているという
  • また自転と公転の周期が等しく、公転周期は地球の日数に換算して37日だそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x