「パタゴニア」持ち帰り袋廃止 4月から22店舗で

写真拡大

 商品を入れる持ち帰り袋を来年4月から廃止します。

 アウトドア用品のパタゴニアは、国内の直営店22店舗で来年4月から持ち帰りのショッピングバッグをすべて廃止します。これまではマイバッグを推奨したり、リサイクルの原料でできた袋を提供していましたが、すでに客の8割以上がマイバッグを持参していることなどから廃止を決めたということです。政府は海洋プラスチックごみの削減のために早ければ来年4月にもレジ袋を有料化する方針ですが、パタゴニアでは持ち帰り袋を廃止することでマイバッグの利用客を増やしたい考えです。