ロッキー山脈を背になびくカナダ国旗(2019年2月7日撮影、資料写真)。(c)Don Emmert / AFP

写真拡大

【AFP=時事】カナダ西部で先週、20代の男女が他殺体で発見された。地元警察は殺害された2人について、オーストラリア警察幹部の息子と、その交際相手だったと明らかにした。

 豪シドニー生まれのルーカス・ロバートソン・ファウラー(Lucas Robertson Fowler)さん(23)と、米ノースカロライナ州出身のチャイナ・ノエル・ディース(Chynna Noelle Deese)さん(24)の遺体は15日、ブリティッシュコロンビア(British Columbia)州北部の人里離れた幹線道路沿いで発見された。カナダ警察が19日、発表した。

 カナダ騎馬警察(RCMP)は、隣接するアルバータ(Alberta)州で登録されたシボレー(Chevrolet)の青いミニバンが道路脇で発見されたと述べたが、このミニバンが死亡したカップルのものだったかは明らかにしなかった。

 地元メディアによると、ファウラーさんはブリティッシュコロンビア州に住んでいたが、ディースさんと長期間の旅に出ていた。ディースさんの遺族は米メディアに対し、2人がカナダ国内を車で移動する旅に出掛けていたと話した。

 ファウラーさんは、豪ニューサウスウェールズ(New South Wales)州警察のスティーブン・ファウラー(Stephen Fowler)警部の息子。RCMPは、捜査は「まだ初期の段階で、ルーカスさんとチャイナさんが標的にされたのか、計画性のない犯行だったのかは不明だ」と述べた。

 RCMPによると、2人の遺体が見つかったのは、自然愛好家や旅行者に人気の場所だという。

 地元メディアは、3人目の遺体が19日にカナダの幹線道路沿いで発見されたと報道。RCMPは、この遺体はカップルの遺体が発見された場所から車で7時間以上かかる場所で見つかっており、二つの事件の関連性を示すものはないとしている。

【翻訳編集】AFPBB News