米津玄師の新シングル「馬と鹿」リリース -「海の幽霊」も収録、ライブ映像特典付きなど3形態で

写真拡大

米津玄師は、新曲「馬と鹿」を2019年9月11日(水)にリリース。8月12日(月)0時より先行フル配信がスタートする。

「海の幽霊」に続く新シングル「馬と鹿」

前作「海の幽霊」では、はじめて映画主題歌を手掛けた米津玄師。新曲「馬と鹿」は、池井戸潤の小説を映像化した大泉洋主演の『ノーサイド・ゲーム』の主題歌として書き下ろした。

シングルCDは、「ノーサイド盤」「映像盤」「通常盤」の3形態で展開し、CDには3曲を収録。「馬と鹿」とともに前作「海の幽霊」と、新たな楽曲「でしょましょ」を加えた。

紙ジャケットで展開される「映像盤」は、2019年1月より全国を巡った「米津玄師2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃」ライブ映像のティザーを収録しており、「Lemon」をはじめ、「Flamingo」や「TEENAGE RIOT」など最新シングル曲を含む全11曲を楽しめる豪華内容となっている。

なお、「ノーサイド盤」には、レザージャケット仕様で、音の鳴る“ホイッスル型ペンダント”が付属する。

米津本人が手掛けたジャケットイラスト

ジャケットのイラストは、米津玄師本人が書き下ろした。「Lemon」などのCDジャケットおよびツアーグッズのイラストをこれまで自身で手掛けてきた米津が、楽曲タイトルにちなんで馬と鹿をあわせた架空の動物を描いた。

最新ビジュアルも公開

「馬と鹿」のリリースに先駆けて、最新のアーティストビジュアルを公開。2色の石が混ざり合うことなく左右に分かれ、その間にたたずむ、淡い水色の髪をした米津に光が差す幻想的なビジュアルに仕上がっている。撮影は、写真家・小浪次郎が手がけた。

米津がツイッターでコメント

米津本人は、ツイッターで「TBS日曜劇場「ノーサイドゲーム」の主題歌を担当させて頂きました。「馬と鹿」という曲です。大泉洋さん演じる君嶋が、逆境の中をひとつひとつ進んでいく様をどうにか音楽にできないかと探っていった末にこの曲ができました。素敵なドラマとご一緒できて嬉しいです。どうかよろしくお願いします。」と楽曲に対する想いを語った。

【詳細】
米津玄師 新シングル「馬と鹿」
発売日:2019年9月11日(水)
■商品形態
・ノーサイド盤(初回限定):CD+ホイッスル型ペンダント(レザージャケット) 1,900円+税
・映像盤(初回限定):CD+DVD(紙ジャケ) 1,500円+税
通常盤:CDのみ 1,000円+税
■収録内容
-CD-(全形態共通)
1.馬と鹿
2.海の幽霊
3.でしょましょ
-DVD- (「映像盤(初回限定)」のみに収録)
1. 「米津玄師2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃」LIVE Teaser
2. 「海の幽霊」MV
■購入者店舗特典
共通特典あり(詳細は後日発表)
※特典は「先着」となり、数に限りあり。一部の店舗/ECサイトでは特典が付かない場合あり。予約購入は、特典の有無を店頭/ECサイトで確認。

■先行フル配信
配信日:2019年8月12日(月)
配信先:https://smej.lnk.to/JCJ0B
[写真付きで読む]米津玄師の新シングル「馬と鹿」リリース -「海の幽霊」も収録、ライブ映像特典付きなど3形態で

外部サイト

  • 乃木坂46の新曲「夜明けまで強がらなくてもいい」リリース、センターに4期生遠藤さくら
  • エンド・オブ・ザ・ワールド×クリーン・バンディット、新曲「LOST/ロスト」リリース
  • 米津玄師2020アリーナツアー、北海道・埼玉・大阪・福岡など自身最大規模の10会場20公演