優秀な大学生の万能感が暴走を生む?

写真拡大

 東京大学の「誕生日研究会」と称されたイベントサークルの松見謙佑被告(22才・事件当時)ら5人が今年5月逮捕された。1次会の居酒屋、2次会の被告の1人の部屋にわたって、誘い出し、泥酔させた女子大生・A子さんを暴行した容疑からだ。

 松見被告らの調書によると、「誕生日研究会」の実態は、ガードのゆるい女の子に酒を飲ませて理性のハードルを下げていやらしいことをしようという目的で作ったサークルとある。被告人質問で松見被告は「なぜ普通につきあおうと思わないのか?」と聞かれこう答えている。

「そういった飲み会の…騒がしい雰囲気、乱れた雰囲気というのが楽しかった」

 2次会の場所となった家の家主・河本泰知(22才)もA子さんが泣き出し、同じく呼び出されていたB美さんが帰ったりするなかで、飲み会がつまらなくなっていたが、「周りの人間も茶化す雰囲気だったので、ぼくも同調して」と答えている。

 さらに場を盛り上げる役を自認する、A子さんの元カレである松本昴樹被告(23才)は当日の心境をこう明かしている。

「自分の感覚が麻痺していたというか、飲んで脱いだり脱がせたり、飲めばあり得ることと考えてたんで、特別止めようとは思ってなかったです。(中略)え〜、まぁ…被害者が泣いた後、泣き始めたあとには、さすがに、という気持ちはありましたが、自分がわざわざ止めに入って白けさせるのもなぁという気持ちもあった」

 いずれも無理やり裸にされ泣いている同世代の女性への思いやりはなく、その場の雰囲気をいかに壊さないかということばかり考えている。信じられない。うちの子は違う。そう思う人が多いだろう。しかし、多くの大学生に話を聞くと、この3人が特別なわけではないことがすぐにわかった。

 野田大和さん(仮名、東大3年生)は、「そういう雰囲気になった時、やめろって言えるかどうか正直、自信がない」とこぼす。

「だって大学生活が充実するかどうかってサークルしだいでしょ? まじめに野球とかテニスをやるサークルだと、朝練とかミーティングとかが面倒だし、人間関係も濃そうだから、そこまでがっつり人とかかわるのは嫌だけど、サークルって重要だから、軽いノリのサークルには所属していたい。友達とかいないのってありえないし。だから、そういう雰囲気になったとき、“やめろ”って言ったら、永遠に“ノリ悪い”って言われそうでしょ。そういうのはキツい」(野田さん)

 こういった集団心理は、複数いることで罪の意識が軽減され、特に男の場合、「意気地なしと思われたくない」との思いが働くというのは、精神科医の片田珠美さんだ。

「川崎で起きた上村遼太くん殺害事件もそうでしたが、集団心理として“やめろ”というのはなかなか言えないんです。川崎の事件の加害者は学歴社会の中からドロップアウトしたような少年たちによるもので、“家庭環境が整っていないから”とか、“シングルマザーだったから”とか批判されましたが、傍目には恵まれた家庭で育ったように見える優秀な子供同士でもこういう事件は起きるというのが集団心理の恐ろしさです」

 東大に通うある4年生男子は、「つまらないなって顔をしているとノリが悪くてダメなやつと思われて嫌だから頑張って楽しいふりをしなくちゃいけない」と言う。「なぜ?」と聞くと、こう続けた。

「だってせっかく東大入ったんだし、それだけで寄ってくる女の子もいるし、楽しみたい。っていうか、なにより周りに嫌われたくないでしょ。だいたい大人は“上辺だけの友達なんかいらない”ってもっともらしく言うけど、おれらにとっては、友達は多ければ多い方がいい。だって自分が認められてるってことじゃない?」

 ツイッター、フェイスブック、インスタグラム…ここ数年の間、若者を中心に広がったSNS。そこではフォロワー、友達、いいねなどで、自分がどれだけの人から承認されているかが、はっきり数字として表示される。それは自分だけでなく、知人もそうでない人も含め、不特定多数の人からもわかるように。

 さらにLINEがそういった承認欲求を高めている。大学入学式前に、LINEでどれだけ友達とつながれるかが勝負で、入学式ではまるで昔からの友人と再会するような光景が、そこらじゅうに広がっているという。

 こういった大きな承認欲求は、最近の若者の傾向ではあるが、片田さんは「一流大学の学生においては顕著」と指摘する。

「特に東大などの日本トップクラスの大学生は、勉強ができるだけじゃなく、友達もたくさんいて、みんなに好かれている人気者と周囲から思われたい。そういった大学の学生は小中高時代、勉強ができることで、親や教師から認められてきました。少子化の影響もあって、子供がつまずくのを極力防ぎたいという親が増えており、目の前の石ころを親が先回りして拾ってきたから、挫折も失敗も経験したことがない。

 また学校には平等幻想が漂っていて、かけっこに順位がなくなり、学芸会でも主役が一人ではなくなった。これは、卒業写真で自分の子供が端っこだからと再撮を要求する親もいるほど、クレームが多いためです。一方、塾では歴然たる格差が存在します。そういった二重構造の中で、優秀な子供の万能感、特権意識が強くなって、こうした暴走が起こる。“自分たちは特別な人間だから、少々のことは許される”と」

 ある東大男子学生(3年生)は、東大カーストともいえる厳しい現実を教えてくれた。

「全国の各高校で1、2を争う学力の生徒が東大に来るものの、いざ東大に入ると周りがすごすぎる。それまでの自信もプライドもザッと崩れる。そしてどの学部学科に進むかで、さらに現実を突きつけられる。

 東大の事件加害者が進んだ学科は東大の中でも“寄せ集め”といわれている。もちろん、そこに行きたくて進んでいる人もいるので、彼らがそうだとは断言できないのですが、そういった現実は確かにあります。そういったなかで、東大以外の女子学生は、東大ってだけで“すごい”って言ってくれる。ある意味満たされた気持ちになるのもわからなくはない」

 そして、彼らの心理をこう分析した。

「ただ本当に好きな女性にはしないのに、ヤリサー(セックスを目的としたサークル)や飲み会で女性に対してわいせつな行為をするのは、女性を利用して自信も取り戻そうとしている気がする。自分の周りでも“何人とやった”とかを大声で話している人もいるけど、笑っちゃう。そういうことでしか自分を表現できないのかって」(同前)

※女性セブン2016年11月10日号