堀江貴文氏がSMAP解散の裏側を推測「相当確執があったんでしょう」

写真拡大

14日放送のワイドショー・バラエティ番組「サンデー・ジャポン」(TBS系)で、堀江貴文氏が、SMAPの解散について推測する場面があった。

今年1月に世間を賑わせたSMAPの分裂騒動だが、メンバーは「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)に緊急生出演し、混乱を謝罪するとともに、今後もグループとして活動していくと明言した。しかし、各報道機関は、SMAPの一部メンバーが希望したため、グループは今年の12月31日をもって解散することとなったと報じている。

番組でも、SMAP解散に関する話題を特集した。今回の一件について出演者らが感想を述べる中、堀江氏は「事務所に残りながら、バラバラになるっていうのは、相当確執があったんでしょうね。じゃなかったら、こんな感じにならないと思うんで」と、解散の裏側を推測したのだ。

堀江氏は続けて、「残るんだったら、(グループ)存続みたいな感じになるのが普通だと思うんですけど。誰かが辞めるとか」と、メンバー全員が事務所に残留してソロ活動に励むのは異例のことではないかと指摘していた。

【関連記事】
井上公造氏がSMAPの解散発表で謝罪「まさかこんな展開になるとは」
岡村隆史 SMAP解散を否定したジャニー喜多川氏に「世の中的には納得しない」
西山喜久恵アナウンサー SMAP緊急会見で手が震えていた理由明かす