春のマイル王決定戦GI安田記念(6月5日/東京・芝1600m)は、登録段階でフルゲート割れの16頭で、さらに回避予定の馬もおり、当日は12〜13頭と、中央競馬のGIにしては久しくなかった頭数で行なわれる見込みだ。その中で際立つのが、この春に海外遠征を成功させて凱旋初戦となるモーリスとリアルスティールの2頭だろう。

 昨年の年度代表馬であるモーリスにとっては、このレースが今シーズンの国内初出走で、昨年秋のGIマイルチャンピオンシップ(京都・芝1600m)以来の出走となる。マイルチャンピオンシップで5に伸ばした連勝を、続くGI香港マイル(香港シャティン・芝1600m)、さらに今シーズン初戦のGIチャンピオンマル(香港シャティン・芝1600m)とそれぞれ圧勝し、さらに継続している。もともとは、3月末に行なわれるGIドバイターフ(UAEメイダン・芝1800m)を今シーズンの初戦とする計画だったが、調整の遅れから矛先を香港へと向けると、きっちりと結果も出し、アジアのマイル王の威厳をきっちりと示してみせた。

 気になるのはその後の調整過程である。チャンピオンズマイルから安田記念までは中4週。国内に限ったレースローテーションや、国内から海外に向かうものであれば、気にとめるようなレース間隔ではないが、海外からの転戦となると話は簡単ではない。これまでに同じローテーションで挑んだ香港馬は多くいるが、日本調教馬がこのステップを踏むのは初めてのケースだ。

 モーリスは香港から帰国後、白井のJRA競馬学校で1週間の輸入検疫を受けたあと、着地検疫で東京競馬場の検疫厩舎に入厩という、イレギュラーな調整が進められている。この間は他の馬との接触もなくたった1頭。状態を間際まで見極めてから出走を決めるとの方針だ。伝え聞いた話によれば、騎乗予定のトミー・ベリー騎手も、早くからオファーを受けながらも、ダービー開催時の段階で「まだ本当に出るのか確定していないんだ」と周囲に漏らしていたそうだ。それだけにモーリスの能力は認めながらも、慎重にならずにはいられない。

 しかし、香港の時点で安田記念を見据えた調整がなされていたのは明らかだった。理由のひとつは馬体重で、昨年は安田記念が510kg、マイルチャンピオンシップが508kg、香港マイルが約508kg(1120ポンド)と、休養明け、海外遠征を問わずにほぼ同じ体重で推移していたのだが、チャンピオンズマイルでは約519kg(1145ポンド)と大きめに体を作ってきた。もちろん、馬自身の成長もあるだろうが、やはり、この後の輸送や転戦における馬への負担を考慮し、先回りした調整がなされていたのではないかと推察される。

 また、通例ならレースの翌日ないし翌々日となる日本への帰国も、なんとレース当日の深夜に行なわれ、レースから24時間も経たないうちに競馬学校へと到着した。異例のスピード帰国は、より日本での調整時間を確保するため、あらかじめ輸送便を手配していたもの。このことからも、入念に安田記念から逆算した調整がなされていたことがわかる。

 今回騎乗するベリー騎手は、日本での重賞勝ちがなく、その点を不安視する声もファンからは囁かれている。しかし、騎乗している馬の質や人気を考えれば、今回の来日で勝率10%以上をキープしているのは上々。そうでなくても、地元オーストラリアだけでなく、香港、シンガポールなどでもビッグレースを相次いで制しており、5月も好メンバーが揃った香港のGIチェアマンズスプリントプライズ(香港シャティン・芝1200m)をシャトーカで制したばかり。むしろ心配は皆無と言っていいだろう。

 一方のリアルスティールは、ドバイターフで念願の初GIタイトルを手にし、次はいよいよ国内GI獲りに挑む。昨年はクラシック路線を2着→4着→2着と涙を飲んだが、ドバイで見せた距離適性と相手関係を考えれば、距離不適でも好走した能力は賞賛される。

 ドバイから約2ヶ月ぶりのレースとなるが、昨年2月の共同通信杯も似たようなレース間隔で、のちの2冠馬ドゥラメンテを封じており、むしろ歓迎。帰国後はノーザンファームしがらきで入念に乗り込まれ、5月半ばに栗東トレセンに戻ってからも順調に調整が積まれている。2週前、1週前とレースでも騎乗する福永祐一を背に追い切られると、いよいよ本番に向けて臨戦モードへと移行したようだ。

 リアルスティールにとってもうひとつの歓迎材料が、大回りワンターンのコース形状だろう。これまでにリアルスティールが勝った3勝は、阪神芝1800m、東京芝1800m、メイダン芝1800mといずれもコーナーが2回しかないコース。このタイプでは一度も取りこぼしがない。今回の舞台もそれらと同じもので、自身にとって初のマイル戦でも期待が不安を上回る。

 ドバイターフを勝って安田記念という臨戦過程は一昨年のジャスタウェイと同じ。偉大なる先輩の足跡を継ぐことができるだろうか。

 世界が注目する少数精鋭のマイル王決定戦の行方に注目だ。

土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu