鬼怒川の水害 気象庁や政府の対応における不備を専門家が指摘

ざっくり言うと

  • 10日、茨城県常総市の鬼怒川の堤防が決壊し、大規模な水害に見舞われた
  • 栃木と同時に茨城にも特別警報を出さなかった気象庁の落ち度を専門家は指摘
  • 先に先に警戒を呼びかければ、住民側の対応も変わっていたはずだと語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x