茨城県大洗町の日本原子力研究開発機構大洗研究開発センターで作業員が被曝(ひばく)した事故で、作業員5人の被曝状況を巡り日本原子力研究開発機構は当初、1人の肺から2万2千ベクレルのプルトニウムが検出されたと発表していた。だが、量子科学技術研究開発機構の放射線医学総合研究所の検査で一定量以上は検出されなかった。そして19日、放医研が今度は尿からごく微量が検出されたと発表。何が起きたのか。事故が起き