B'z公式サイトより

写真拡大

 日本を代表する音楽ユニット・B'zが、ついに特典商法に乗り出したと話題だ。

 B'zは、3月4日に3年8カ月ぶりとなるオリジナルアルバム『EPIC DAY』(VERMILLION RECORDS)をリリース。10曲を収録した「通常盤」のほか、ライブDVD付きの「初回限定盤」、パソコン用の“ダウンロードカード”が付いた「アナログレコード盤」、さらに、オリジナルトートバッグや、オリジナルマフラータオルなどが同梱された「LIVE-GYM 2015盤」の4種が発売され、全種そろえると1万9,600円となる。

 B'zが、アルバムを複数展開するのは今回が初。今月リリースしたばかりの最新シングル「有頂天」でも、初回限定盤と通常盤の2種のみだった。この由々しき事態に、一部ファンから「B'zには、アイドルと同じ商法はやってほしくなかった」「本人も嫌だっただろうな……」「初回限定盤なんて、DVDがメインで、CDがおまけじゃないか」とため息が漏れている。

「B'zはおととし、約14年にわたり保持していた“15作ミリオン達成記録”をAKB48に抜かれてしまった。また、まだ破られていない“シングル総売り上げ3,544万枚”という記録も、AKB48が3,111万枚で後を追っており、早ければ今年中に抜かれる可能性も。天下のB'zも、なりふり構っていられないのでしょう」(芸能ライター)

 また、B'zが特典商法に踏み切った別の要因に、ジャニーズの脅威があるという。

「1週間後の3月11日に、Sexy Zoneのニューアルバムがリリースされるんです。同作も、B'zと同様に4種類を発売。さらに、応募キャンペーンにエントリーできるシリアルナンバーや、ランダムジャケットなど数々の封入特典があり、ジャニヲタの複数購入は必至です。B'zは、2011年7月リリースの前作『C'mon』で、嵐に月間チャートの首位を譲ってしまった苦い経験があるため、今回もジャニーズを意識しているのでは?」(同)

 B'zまでもが、ついに特典商法に手を染めた日本の音楽業界。アーティストの特典合戦は、どこまで広がっていくのだろうか?