筋弛緩剤を誤投与され男性患者が死亡…薬剤師らが取り違え 大阪

ざっくり言うと

  • 大阪府の医療センターで弛緩剤の誤投与により、男性患者が死亡した
  • 同センターは患者の家族に経緯を説明して謝罪するとともに、警察に報告
  • 発熱から主治医が抗菌薬投与を指示したが、誤って筋弛緩剤が届けられた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング