シンガポールなど「消滅」が懸念される5つの国 原因は低すぎる出生率

ざっくり言うと

  • 中国メディアが、出生率の低さから消滅が懸念される5カ国を紹介した
  • 女性1人あたり出生率が0.8のシンガポール、1.25の韓国
  • 1.29のリトアニアや、1.3のウクライナ、ボスニア・ヘルツェゴビナも

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング