缶詰で超カンタン!おうちで絶品チャーハンをつくるコツ

写真拡大 (全7枚)

フードコーディネーター・スパイス香辛料アドバイザーの笠原知子です。フライパンひとつで作れるチャーハンですが、家で作ると、べたついてしまったりして、うまく作るのはなかなか難しいもの。でも、家でおいしいチャーハンが食べられたらうれしいですよね。今回は、カニ缶を使って、手軽にできておいしいチャーハン作りを目指したいと思います。

【詳細】他の記事はこちら

絶品!かにチャーハンを作るときのポイント

●材料はすべて用意してから調理スタート!

中華料理店では、強い火力でごはんをあおりながらチャーハンを作っていますよね。強い火力で水分を飛ばしてパラリとした仕上がりにするそうです。

テフロン加工のフライパンと、家庭用のコンロでつくる場合も、できる範囲で手早く作るようにしたいので、材料はすべて切りそろえて、調味料もすぐ使えるように準備してから作り始めるようにします。

●ご飯はあたたかいものを使う

冷たいご飯を使うと、フライパンで加熱する時間が長くなり、何度もかき混ぜて粘りがでてしまう原因になります。冷ご飯を使う時は、レンジで温めてから使うようにします。また、固めに炊いたご飯を使えば、よりうまく仕上がります。

●一度にたくさんつくらない

一度にたくさん炒めると時間もかかり、フライパンの温度も下がりがちなので、多くても2人前、できれば1人前ずつ作るのがおすすめです。

●へらで切るように炒め、フライパンを振り過ぎない

ご飯をへらで切るようにしてほぐしながら炒め、時々フライパンを振って全体を混ぜ合わせます。ずっとフライパンを振っていると、温度が下がってしまうので、時々振る程度にします。

●裏ワザ的にマヨネーズ

卵をご飯に入れて混ぜてから炒めるというやり方もありますが、パラパラに仕上がる一方、舌触りが荒くなる感じで、我が家では別々に炒める方に軍配があがります。

味の好みもあると思いますが、今回は、別々に炒めるやり方で、裏ワザ的にマヨネーズをご飯に加えて作ります。マヨネーズでご飯がほぐれやすくなるので作りやすく、味にもコクが出て、しっとりパラリと仕上がります。

絶品!かにチャーハンのレシピ

材料(2人前)

・ごはん 多めに2膳
・カニ缶 1缶
・長ねぎ 1/2本
・卵 2個
・マヨネーズ 小さじ2
・サラダ油 大さじ2
・醤油 小さじ1
・塩胡椒 適量

作り方

 …好優はみじん切りにする。卵は溶きほぐし、カニ缶の汁を混ぜておく。

◆[笋竿咾鮖箸場合は、ラップをせずにレンジで温める。マヨネーズを加えてざっくりほぐしておく。

 フライパンを熱し、十分温まったら、サラダ油を入れる。

ぁ〕颪鯑れたら、すぐに卵の上にご飯を入れ、ほぐしながら炒める。

ァ,竿咾藩颪鬚靴辰り炒めたら、長ねぎとカニ缶の身を入れて炒める。

Α‐潴を加え、塩胡椒で味を調える。

油はサラダ油だけでなく、ごま油を足すとよりコクを感じる味わいになりますが、お好みで。私は半分をごま油にするのが好きです。

また、仕上げに、ちぎったレタスを入れると、シャキシャキ感がプラスされ、さっぱりと食べられます。

また、チャーハンにとろりと餡をかければ、味に変化もでて、ご馳走感が出ますよね。餡かけの具材にえのきだけを入れると、シャキシャキとした食感もプラスされるので、おいしいですよ。

餡の材料

・鶏がらスープ 300cc
・えのきだけ 1/4パック
・長ねぎ 10cm
・生姜 薄切り1〜2枚
・卵白 1個分
・サラダ油 小さじ1
・片栗粉 大さじ1/2
・水 大さじ1
・塩胡椒

作り方

 …好優は千切りにする。生姜は細い千切りにする。えのきだけは石づきを取りほぐしておく。

◆‘蕕縫汽薀戚を入れて火にかけ、しょうがとねぎを炒める。えのきだけと鶏がらスープを鍋に入れて煮る。

 片栗粉を水で溶いたものを少しづつ加えてとろみをつける。スープをかき混ぜながら卵白を少しずつ加え、塩胡椒で味を調え、チャーハンにかける。

ちょっとした手順をおさえれば、材料も少なく、手早くできるチャーハン。

カニ缶を使ったチャーハンは、刻んだりする手間もいらず、手軽なのにちょっぴりリッチに楽しめます。ランチなどに、ぜひ、作ってみてくださいね。