天使のような可愛さだ…♡男をキュンとさせる女子の「メロメロ仕草」4つ

写真拡大

彼を困らせたくない、もしくは恥ずかしいからという理由で愛情表現をしないことは、かえってマイナス効果。
愛情表現をしてくれる彼女は、可愛く愛おしい存在になります。
では、彼を骨抜きにする愛情表現はどのようなものでしょうか?

今回は、男をデレデレにする女子の「メロメロ仕草」を紹介していきます。

(1)彼の胸にスリスリする



『子犬みたいなスリスリする愛情表現にはやられてしまます』(27歳/アパレル)

スキンシップは愛情表現の一つ。
甘えてくる彼女を愛おしく感じ、デレデレに…。

彼とハグをする時や、キスした後などに彼の胸にスリスリしましょう。
子供みたいに甘える仕草に、頼られているような感覚になり嬉しくなります。

スリスリする時は、恥ずかしがらずにガッツリ甘えましょう。
特に、いつも甘えてこない彼女にされると、デレデレ感もアップ!
ただし、二人だけの空間ですることが必須です。

(2)ギューってして〜



『彼女に求められて嫌な男なんていないハズ!可愛いおねだりに毎回メロメロですね』(34歳/医療事務)

仕事が一段落した時、苦手なことを克服した時などは、彼にご褒美をもらいましょう。
「頑張ったからご褒美に、ギューってして〜」と言いながら、腕を広げてハグ待ちポーズをします。
ご褒美が自分とのハグということに、彼はキュンとなるはず。

好きという気持ちが伝わる愛情表現であり、可愛く甘えてくる彼女に、好きという感情が溢れ出すことでしょう。
ちょっと冗談っぽくハニカミながら言うことがポイント!

もちろんご褒美の理由はなんでもOK。
すごく頑張ったことではなく、些細な理由でも彼のハートを射止めることができますよ。

(3)可愛いヤキモチ



『ヤキモチを焼くってそれだけ自分のことが想ってくれているってこと。遠まわしの愛情表現もいいですよね』(26歳/メディア)

重たいヤキモチや束縛は、彼との距離を広げてしまいますが、可愛いヤキモチはむしろ恋愛のスパイスとなります。
少し拗ねながら可愛いヤキモチを焼くことは、好きという証拠になります。

「他の女の子に見とれてたでしょ」や「最近あんまりかまってくれない」など、小さいことでヤキモチを焼いてみましょう。
この時、冗談だと分かるように分かりやすく拗ねたようにすることがポイント!
そして、その後はすぐに笑顔に戻るようにして下さい!

長引かせず、ちょっとだけ拗ねることが可愛いヤキモチの鉄則です。

(4)恥ずかしそうに「好き」



『滅多に言わない彼女が恥ずかしながらに言ってくれる「好き」の破壊力って凄まじいんですよ?』(30歳/弁護士)

やはり「好き」と伝えてくれる彼女は大事にしたくなるもの。
お付き合いしていくうちに、だんだんと「好き」という言葉は伝えなくなりますよね。
言わなくても分かってくれると思うのは大間違いです。

彼女から「好き」と言われないと不安に感じる男性も多いもの!
でも、言い慣れていないと「好き」と言うのは、照れくさくて恥ずかしいですよね。
そんな時は、その恥ずかしいまま「好き」と伝えましょう。

照れくさくても伝えてくれることに、嬉しさを感じます。
付き合ってから言ってないならば、是非伝えてみて下さいね♡

----------

恋人同士、愛情を伝えることは必要なこと!
甘えられる、頼られることは男性にとって大きな喜びとなります。
上手に愛情表現をしてくれる彼女は、長く愛される彼女 となりますよ♡

(文/恋愛jp編集部)