*菅原響生くん(2003年3月1日生まれ)。両親と4歳上の姉がいる。母親の淳子さんによれば「娘が好きな絵画展を見に行く時は息子も連れて行くし、逆に数学のイベントには娘も連れて行きます。家族が好きな事は共有して一緒に楽しむ事が大事です」。(写真提供=菅原淳子さん)

写真拡大

合格率はわずか7%。難関の実用数学技能検定1級に最年少(13歳)で合格した中学2年生がいる。“天才数学少年”はどのようにして育てられたのか。母親が徹底したことは「けなさない」「言い訳しない」「共に学ぶ」という3点だった。子どもの「得意」を伸ばすコツとは――。

■史上最年少で実用数学技能検定1級に合格する快挙

「実用数学技能検定」をご存じだろうか。

数学・算数の実用的な技能(計算・作図・表現・測定・整理・統計・証明)を測る記述式の検定で、「日本数学検定協会」が年3回実施している。受験資格はなく、だれでも受験できる。難易度は15階級にわかれており、おもに数学領域である1級から5級までを「数学検定」、6級から11級、それに幼児向けのかず・かたち検定までを「算数検定」と呼称している。最難関の1級は「大学程度・一般」とされていて、合格率は7%程度だ。

その1級に昨年、千葉市内の公立中学2年生の菅原響生(ひびき)くんが、最年少となる13歳で合格した。

天才数学少年である響生くんは、いったいどのような家庭で育ったのか。ツテをたどり母親の淳子さんに話を聞くことができた。今回はその子育て方法について紹介したい。

▼1歳半でインターネットのURLを自分で入力

母親の淳子さんによると、響生くんは1歳のときから理数系に強い関心があったという。1歳半で、インターネットのURLを自分で入力してアクセスしたといいうから驚きだ。小学4年生のときにはプログラミングも始めたという。

実は、筆者の息子も無類の数学好きだ。現在、国立大学で数学を専攻している。公文式で先取り学習をした効果が出たのか、小学3年生までに中学の学習課題を終了。数学が好きな息子は、夢中になると何時間でも没頭する。本人いわく「数学はパズルや謎解きのようなもので、解くことは自分にとって遊びであり、とても楽しいもの」なのだそうだ。

しかし、数学少年は誤解されやすい。

息子は友達が外でサッカーをしていても、部屋の中で問題を解き続けることが何度もあった。本人は楽しんで解いていても、周囲には「勉強させられている」と映る。私自身、何人もの母親仲間から「勉強ばかりさせてないで、外で遊ばせないと」と言われた。問題を解いているほうが楽しく、そんな時は外に出たがらないのだけれど、それを理解してくれる大人はあまり多くはない。

そんな経験をしているため、響生くんが育った家庭環境に興味があった。

■「私は褒めないんです。でも、けなしません」

▼子どもを伸ばすために親ができること1
「あまり褒めないが、けなさない」

「子どもをけなさないようにしています」

最初に淳子さんはこう言った。淳子さんは子どもの能力を引き出すために、響生くんを相当褒めて育てたのではないかと思っていたが、違った。

「私はあんまり褒めないんです。祖父母は褒めまくりますけれど(苦笑)。ただ、その代わり、子どもがやることをけなさないようにしています。なぜなら、子どもにも小さいなりにプライドがあると思うからです」

子どもの前で「この子バカだから」と平然と言ってのける母親がいると、とても気になるという。謙遜で言っているのか、自虐的に言っているのか。真意はわからないが、子どもの心を傷つけかねないことは確かだ。

▼子どもを伸ばすために親ができること2
「言い訳しない」

「言い訳しないように心がける」ことも淳子さんの子育てポリシーだ。「仕事があるから」「忙しいから」などと、子どもと関わる時間が少ないことを言い訳する母親は少なくない。しかし、そうした親に育てられた子どもは、自分でも言い訳ばかりするようになると淳子さんは感じている。

言い訳をしない。これは、つまり、親が子どもを目下に見るのではなく、年齢は低くても人として尊重し、気持ちの面ではフラットな関係でいることを心がけるということかもしれない。子ども扱いせず大人の関係を築くことが、子どもの成長や自立を促せると考えているのだと感じた。

■「親が勉強すると子どもも勉強します」

▼子どもを伸ばすために親ができること3
「親も共に学ぶ」

淳子さんは、響生くんが小さいときから勉強に寄り添うようにしていたという。

しかし手取り足取り教えるわけではない。学校でその日勉強してきたことを、響生くんに教えてもらうのだという。

「学校で習ったことをもう一回私に対して“授業”することが、いいアウトプットになっていたと思います」

自分の頭で理解した上で、母親に伝えることで、知識が定着しやすくなるのだ。集団授業ではないから、母親から容赦なく質問も出てくる。なかには意表を突く質問もある。それらにうまく回答するためには、知識を完全に血肉化できていないといけない。母親と一緒に算数の問題を作って、互いに解いてみるのも遊び感覚で楽しいそうだ。

淳子さんは「親が勉強していると子どもも勉強するようになる」という。だから、子どもが使っている教科書にもしっかりと目を通す。教科書を熱心に読んでいる母親のほうが、「勉強しなさい」と言いながらスマホをいじっている母親より、子どもの向学心を刺激するはずだという信念があるのだ。

▼子どもを伸ばすために親ができること4
「毎日欠かさない習慣を徹底」

子どもにやさしく寄り添った子育てをしているという印象の淳子さんだが「これだけは徹底している」ということもあった。

響生くんが小学校低学年の頃、短時間の勉強時間を設け、子どもにプリントをやらせたのだ。1日にやるのは塾でもらったプリント2教科8枚。それが終わったら追加の課題は与えず、自由時間にしていたそうだ。

課題の量はそれほど多いわけではない。ただし、「必ず毎日」続けたという。たとえば家族で旅行へ出かけた時もプリントを持参し、サボらない。低学年のうちにこうした習慣を身につけたことで勉強が苦にならなくなったようだ。

このやり方について、他の母親からは「子どもがかわいそう」と言われたこともある。しかし、その言葉は、「勉強はつらいものだ」という思い込みによるものだろう。低学年のうちから、毎日コツコツと学ぶリズムを身につけることは大きな財産になる。筆者は淳子さんのブレない「信念」に触れ、人に言われなくても自ら机に向かう子どもに育てるためには、まず母親自身が勉強に抵抗を持たなくなることが必要だと感じた。

■天才数学少年の母親はマメでフットワークが軽かった

▼子どもを伸ばすために親ができること5
「目前の受験ではなく将来を考える」

中学2年の時点ですでに大学生レベルの数学知識を持ち、今や数学マニアの大人に混じって語り合うこともあるという響生くんの夢は、数学者になることだ。だが、数学者になる道は険しい。時間も根気も必要だ。誰もがなれるものではないが、淳子さんが、響生くんの未来のために今のうちにできる事はやってあげたいと考えていることがある。それは、人脈を作ることだ。

「数学の世界は深く広いので、自分の好きな数学のジャンルを研究している人に出会うまでは、砂漠をさまようような状態を味わうものなんです。多くの人と知り合ううちに数珠つなぎのように、自分が目指すジャンルの関係者に巡り会える。そうしたことを期待して、数学関連のイベントを見つけては連れて行っています」

大学受験などではなく、もっと先を見据え、響生くんの“師匠”を探しているのだ。

▼子どもを伸ばすために親ができること6
「得意なことをどんどん伸ばす」

もうお気づきかと思うが、淳子さんはマメでフットワークが軽い。

「子どもが小さい時から、常にアンテナを張っていました。響生は『パナソニックセンター東京』(東京都江東区)のなかにある『リスーピア』(理数の魅力と触れあうための体感型ミュージアム)が大好きでした。さまざまな専門家を招いたイベントを開催しているので、ウェブサイトをこまめにチェックしていました。日本科学未来館(同区)にもよく連れて行きましたね」

こうした情報はインターネットで集めたそうだ。子どもの興味があることを検索し、調べて教える。受け身ではなく、いい情報を自ら探しにいく姿勢が淳子さんにはあるのだ。

数学系のイベントに積極的に息子さんと共に参加するのもそのいい例だ。こうした交流を通じて良き指導者や数学が好きな友人・知人に恵まれた。子どもの専門ジャンルは必ずしも親の得意ジャンルではない。そのギャップをカバーするためにも、子どもの好きな世界に親自身が飛び込んでいくことも大切なのだ。

多くの親は子どもの不得意科目をなんとかしようと考えがちだが、子どもの得意な部分を見いだし、伸ばすことで、子どもは自分らしく生きやすくなるのかもしれない。天才数学少年の母親は、決して机の上だけにとどまらない子育てで、才能を伸ばしていたのだ。

(作家・脚本家・イケメン評論家 内藤 みか)