22日、環球網は記事「平昌五輪?それとも平壌五輪?対外宣伝が不足していると韓国平昌五輪組織委員会に批判」を掲載した。写真は平昌五輪でアルペンスキーの会場となる龍平リゾートスキー場。

写真拡大

2017年9月22日、環球網は記事「平昌五輪?それとも平壌五輪?対外宣伝が不足していると韓国平昌五輪組織委員会に批判」を掲載した。

平昌冬季五輪まであと5カ月に迫ったが、海外での知名度はまだまだ不十分のようだ。「平壌五輪だっけ?」と、とんでもない間違いまでしばしばあるという。韓国ニューシス通信によると、韓国野党「国民の党」の崔鳴吉議員は22日、議会でこの問題を追及した。

平昌五輪を平壌五輪と間違える事例が海外メディアで頻繁に確認されるという。あの米大手紙ウォール・ストリート・ジャーナルでもこの間違いがあったという。平昌と平壌の言い間違え問題を解決するべく、五輪組織委員会は一刻も早く対策を講じるべきだと崔議員は提言している。(翻訳・編集/増田聡太郎)