梅沢富美男

写真拡大

13日放送の「ミヤネ屋」(日本テレビ系)が、鈴木砂羽の主演・初演出舞台における女優らの降板騒動を特集。梅沢富美男が騒動の発端となった通し稽古の欠席について「ありえない」と断言した。

番組では、同日開幕を控えている鈴木の主演舞台における鳳恵弥(おおとり・えみ)と牧野美千子の降板騒動を特集。12日、ふたりの所属事務所が、鈴木から「人道にもとる数々の行為」を受けたとして降板させたことを発表したのだ。

鳳は自身のブログで経緯を説明している。鳳と牧野は今月9日にあった通し稽古について、別の仕事のために2回目に参加できなかったという。脚本・プロデューサーの江頭美智留氏にはそのことを伝えていたというが、鈴木には伝わっておらず、鳳は自身が土下座を強要され、江頭氏も謝罪させられた、というのだ。

この一件について、江頭氏は通し稽古が自身の「スケジュール確認ミス」によりできなくなったとし、あくまでも自主的に謝罪したと主張し、鈴木についても「土下座するようにとは決して言っておりません」と否定。現在までに双方の言い分は食い違っている

長年、劇団の座長で舞台の演出も手がけている梅沢。通し稽古の欠席について「んな馬鹿なことがあるわけがない」と断言した。梅沢は、通常演出家が出演者のスケジュールを把握した上で通し稽古の予定を組むため、出られないことは「ありえない」とのこと。通し稽古は舞台の「仕上げ」であると評し、他の仕事を入れることは「タブー」だとも言う。

さらに梅沢は「公演開始2日前に降板するなんてふざけた話はありませんから!」「お客さまに失礼ですから!」と鳳らを批判。嫌ならば最初から断ればいいのだとし、観客第一の姿勢を明かしていた。

【関連記事】
梅沢富美男の役者引退を引き止めた巨匠「無名な役者は『壁』なんかねぇよ」
梅沢富美男 日野皓正氏の「ビンタ動画」を流せない番組の予算事情に呆れ
梅沢富美男が藤田ニコルの影響で決意したこと「マブダチになったんで」